大野たかしさんに「必勝」ポスターを渡した


 3月21日投票の千葉市長選挙に立候補を予定している大野たかしさんの街頭演説があるというので、顔を出した。大野さんは、都立日比谷高校、明治大学を卒業し、日本将棋連盟などで働いた後、パソコン教室を開業。千葉西民主商工会副会長などを務めた。前回市長選にも立候補。現在は、日本共産党千葉県中部地区委員会に務めている。

 司会は、日本共産党の中村きみえ市議。大野たかしさんのプロフィールなどを紹介した。
DSC05261 (2).JPG   訴える大野たかしさんと司会の中村きみえ市議
 大野さんはまず、前回立候補したときの公約が、「小・中学校のすべての教室にエアコンを」というものだったが、その後、市民の皆さんの運動と世論の力で、それを実現することができた、と報告。

 コロナ感染が収まらない背景に、予算の出し惜しみがあることを厳しく指摘した。日本共産党市議団は、この間、感染防止に必要な検査の拡大と追跡、医療機関の支援に、市の財政調整基金(20年度89億円)の活用を迫ってきたが、熊谷市長(県知事選に立候補予定)は、これを拒否している。

 熊谷市長は、最初の立候補に当たって、「ハコものはいらない」と公約していたが、その後の3期12年、公約は見事に投げ捨てられてきた。市役所の新庁舎整備に275億円、蘇我スポーツ公園の整備に327億円。千葉公園の体育館や競輪場の整備で107億円などなど、ざっと数えただけで総額799億円にもなる。
DSC05266 (2).JPG
 そのしわ寄せが、福祉予算のカットや公共料金の引き上げという形で表れている。「財政再建を理由に福祉カットはしない」というのも、熊谷氏の選挙公約だった。しかしやったことは、高齢者祝い金も難病見舞金も心身障がい者福祉手当もカット、家庭ごみの有料化に毎年の国民健康保険料や介護保険料の引き上げ、保育料も下水道利用料も引き上げられた。財政を理由にした職員給与のカットを含めれば、その総額は363億円を超える。子ども医療費について、薬局での負担(小3まで300円、中3までは500円)を県内で唯一導入したのも熊谷氏だ。

 熊谷市政は、環境にも冷たかった。地球温暖化対策は、待ったなしの課題だ。日本共産党市議団は、「プラスチック容器包装の再資源化」を繰り返し要求してきたが、やる気がない。政令指定都市20市のうち、18市ではすでに実施しているというのに、依然として燃やし続けている。プラスチックの分別処理で、年間2万3千トンの温室効果ガスを削減できる。

 さらに、カジノだ。昨年、自民党の秋元衆議院議員が、中国のカジノ企業から賄賂をもらって逮捕された。その中国企業と熊谷市長、市長室で2回も面談していた。幕張新都心をギャンブルの街にしてはならない。

 大野さんは、PCR検査を希望する市民が、いつでも無料で受けられるようにと主張する。子どもの医療費の薬局での窓口負担をなくし、中3まで完全無料化を。民営化が進められてきた保育所を公立で建て替え、運営する。すべての小・中学校で30人以下学級を。そしてジェンダー平等、人権を守る体制を、と訴える。

 大野たかしさんにぜひ頑張ってほしい。推薦決定した治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部がつくった「必勝」ポスターを渡した。事務所に掲示してくれることと思う。
DSC05264 (2).JPG   治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の「必勝」ポスターを大野たかしさん(中央)に渡す小松実(左)と同盟女性部の渡辺さん。

「赤旗」日刊紙読者が一人、中村きみえ市議とともに

 今日は午後から、日本共産党の中村きみえ千葉市議とともに、しんぶん赤旗のお勧めに歩いた。

 幸いあたたかな日和。例によって、中村市議の案内で、私が運転だ。

 お留守だったり、日曜版をよく読んでくれていたご主人が亡くなっていたり、なかなか思い通りに購読につながらない。しかし、そこはベテランの中村市議。訪問先の男性が趣味にしているアマチュア無線の話に耳を傾けたり、また一人暮らしになった女性に「緊急通報装置」の説明をしたり、じっくりと対話をする。そして、総選挙や間近に迫った知事選・市長選の話をする。

 最後の最後に、生活相談で中村事務所を訪ねてきたという日曜版を読み始めて間もない方を訪ね、日刊紙をお読みいただくことができた。日曜版の記事や日本共産党の国会論戦などもよく見ていて、働く者にとって、大きな力になっていると話してくれた。中村市議の日頃の労をいとわないさまざまなお世話活動が、信頼を広げていることをつくづく実感する。

 私の体力を心配して「今日はこの辺にしましょうか。」という中村市議の言葉で、訪問は終了。多喜二の時代に比べたら、まだまだ甘いもんだとは思うが、お言葉に甘えた。

小林多喜二虐殺の日に思う

 今日20日は、小林多喜二が虐殺された日だ。
DSC05256 (2).JPG
 1933年の今日、正午過ぎ。詩人の今村恒夫とともに、築地署の特高警察によって逮捕され、凄惨な拷問の末、29歳という若い命を絶たれた。絶命は、午後7時45分。党内に潜り込んでいた警察のスパイ三船留吉の手引きによるものだった。

 警視庁特高の中川成夫が、テロ係ともいうべき須田、山口を引き連れ、築地署の数人が加わった暴行は、殺意もあらわに3時間余に及んだという。この月の初旬、中川は、警視庁を訪れた江口渙に向かってこう言ったという。「小林の野郎。もぐっていやがるくせに、あっちこっちの大雑誌に小説など書きやがって、いかにも警視庁をなめてやがるじゃないか。こんど連絡があったら、このことだけは小林にはっきり伝えておいてくれ。いいか、われわれは天皇陛下の警察官だ。共産党は天皇制を否定する。つまりは天皇陛下を否定する。おそれ多くも天皇陛下を否定する奴は逆賊だ。そんな逆賊はつかまえしだいぶち殺してもかまわないことになっているんだ。小林多喜二もつかまったら最後いのちはないものと覚悟していろと、君から伝えておいてくれ。このことだけは、やつがつかまらないうちからはっきり言っておくからな。・・・」
DSC05255 (2).JPG   多喜二の遺体を見つめる集まった友人たち(馬橋の多喜二宅)
 この殺害予告が実行された。杉並・馬橋の家に戻った遺体を、駆け付けた安田徳太郎医師(山本宣治の従兄弟)が検査した。こめかみに打撲傷、右の人差し指は完全に折り曲げられ(二度とペンが持てないように)、歯はぐらぐら、首に索条痕、内臓が破れ内出血、下腹部、下肢のすべてにどす黒い皮下出血痕、十数か所の錐の刺し傷・・・・。もちろん時の権力は、多喜二の遺体の解剖を許さなかった。死因が明らかになるのを防ぐためだ。警察の発表は、取り調べ中の「心臓麻痺」だった。
DSC05254 (2).JPG   凄惨な拷問のあとを残す多喜二の遺体
 許せないのは、虐殺の中心にいた中川らが、戦後になっても処罰されることもなく、のうのうと生き続けていたことだ。中川は戦後、東映に入社。のちに取締役興行部長になっている。しかも、東京・北区の自宅敷地内に幼稚園を設立。妻に経営させ、これを背景に1968年には、北区の教育委員長になっている。

 それだけではない。警視庁特高課長だった纐纈弥三をはじめ、警保局長だった町村金五、古井喜実、鳥取県特高課長の高村坂彦、鹿児島県特高課長の奥野誠亮、同じく原文兵衛等々、50数人もの特高幹部たちが、戦後、自民党の国会議員になっている。閣僚にもなっている。そしてその子どもや孫たちが議員職を引き継いでいる。

 さらに今、その特高の流れを引き継ぐ公安警察出身者が官房副長官として官邸内で大きな権力を揮い、学術会議会員任命拒否などという戦前への回帰を思わせる事件を引き起こしている。

 治安維持法体制が、戦前の人権抑圧・思想弾圧が、きちんと清算されないままきていることが、今の日本の政治を大きくゆがめているおおもとにある。この特高政治ともいうべき、異常な政治を根本から転換しなければ、この国の平和・民主主義・人権の真の発展はないのではないか。私たち治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の出番だ。

千葉県知事選予定候補・かなみつ理恵さんの演説を聞いてきた

 知事選に立候補を予定しているかなみつ理恵さんの街頭宣伝があるというので、千葉駅まで出かけた。

 冷たい猛烈な風のなかだったが、応援の女性陣が手作りのパネルを用意して駆けつけていた。
DSC05241.JPG   宣伝が始まる前に、駆け付けた支持者と握手するかなみつ理恵さん
 まずは民主青年同盟の関さんが応援の演説。続いて、マイクを握ったかなみつさん。さすが、ママの会や武器見本市に反対する運動、木更津基地へのオスプレイ配備・整備拠点化反対の運動などでリーダーシップを発揮してきただけあって、堂々たるもの。

 コロナの感染拡大防止のために、希望するすべての人にPCR検査をと、まずはコロナ対策に万全を尽くすことを強調。

千葉県は、財政力は全国4位なのに、子どもたちの教育予算、高齢者の福祉の予算、医師や看護師の数、いずれも全国最下位クラス。税金の使い道を変えないといけないと、熱く明るくソフトに語りかける。
DSC05246 (2).JPG
近くで聞いていた男性が、写真だけ見てるとおしとやかな感じだが、元気があって、堂々たるものだね、と語りかけてきた。

 今度の選挙は、単に知事を選ぶだけではなく、国の政治の動向にも大きく影響を与える選挙だとかなみつさん。この間の安倍・菅政治のもとで、国民のくらしそっちのけで政治の私物化・腐敗が進み、ウソとごまかしがまかり通ってきた。この政治をかなみつが変える。自民党が公認している人や一部の自民・公明の国会議員が後押ししている人では、この政治を変えることはできない、ときっぱり。
DSC05247 (2).JPG
 オリンピック組織委員会の森会長の女性蔑視発言にも触れ、ジェンダー平等も熱く訴えた。

 かなみつさん、身体に気を付けて、なんとしてもこのたたかいを勝ち抜いてほしい。そして、この千葉から、政治を変えるうねりを巻き起こしてほしい。

国賠同盟、かなみつ理恵(知事選)大野隆(千葉市長選)両氏の推薦決定

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部の理事会が今日開かれ、3月21日投票の千葉県知事選挙に当たって、すでに立候補表明をしているかなみつ理恵さんを推薦して奮闘することを決議した。同時に、同日選挙でたたかわれる千葉市長選挙では、前回に続き立候補する大野隆さんを推薦することを決定した。

 かなみつ理恵さんは、第一に、保健所体制の抜本的強化、医療機関への減収補填、自粛・休業した事業者への補償の拡充などなど、「新型コロナウィルス対策に全力」を尽くすことを約束している。
DSC05238 (2).JPG
 第二に、「福祉・医療・教育を最優先」する県政への転換を訴えている。そのために、高すぎる国保料の軽減や公立病院削減計画の中止、介護や保育に従事する人たちの待遇改善、認可保育所の増設・少人数学級の実現を掲げる。

 第三に、災害に強いまちづくり、被災者に寄り添った支援、自然エネルギーの普及や原発ゼロへ、カジノ誘致や三番瀬埋め立てに反対など「安心して暮らせるまちづくり」を強調している。

 第四に、中小企業や農林水産業を支援し、地域経済と雇用を守ると訴えている。

 第五に、「ジェンダー平等、憲法がいきる県政を」「戦争につながる動きに反対する」ことを約束している。かなみつさんは、夫婦別姓をみずから実践してきた。幕張メッセで開かれた武器見本市やオスプレイの木更津基地への配備・整備拠点化に反対する運動の先頭にも立ってきた。

 私たち治安維持法国賠同盟は「再び戦争と暗黒政治を許すな」をスローガンに掲げて運動している。かなみつさんの主張は、私たちの運動と重なり、私たちの運動を励ますものになっている。かなみつさんとともにたたかう千葉市長選の大野隆さんの政策も、もちろん私たちの主張と重なる。お二人の推薦は、全会一致で決まった。
DSC05239 (2).JPG
 私たちの機関誌「不屈」の次号では、お二人の推薦決定を大きく伝える予定だ。

千葉県自治体学校で県政を学ぶ

 第47回千葉県自治体学校があり、参加してきた。主催は、千葉県自治体問題研究所。

 まずは、八田英之理事長が開会のあいさつ。続いて、先に同研究所が発行した「ちば県民くらしの白書」に基づいて、その執筆陣が、それぞれの課題について短時間で報告した。
DSC05219 (2).JPG   開会のあいさつを述べる八田理事長
 最初は、「災害から県民を守るために」とのテーマで、八田英之さんが総論的に報告。続いて、「医療・介護」の問題で、民主医療機関連合会の岩谷久美子さん、国民健康保険制度の問題で、社会保障推進協議会の鈴木英雄さんが報告した。

 千葉県の病床数や医師・看護師数は、恥ずかしながらいずれも全国最低水準。コロナ禍のもとで、すでに起こっている医療崩壊の現実に背筋が寒くなる思いがした。年齢によって、エクモなどの医療機器の使用に順番がつけられているという。待っている間に、患者が命を失うという事態に直面したという話にショックを受けた。

 第二のテーマは、「千葉県の地域経済と社会」。自治体問題研究所常任理事でもある鈴木英雄さんが、大企業優先を改め、中小企業・小規模事業者、農林漁業にこそ予算をまわせと熱く語った。続いて、千葉県農民連副会長の小倉毅さん。災害や消費税の増税、輸入自由化などで経営が成り立たず、総農家数が激減している状況を指摘、「大規模農業育成から国連提唱の「家族農業10年」実践へ」と、怒りを込めて訴えた。
DSC05225 (2).JPG   千葉県農民連の小倉毅さん
 休憩を挟んで、三輪定宣千葉大名誉教授が「コロナ禍であぶりだされた教育行政の課題」と題して、千葉県の教育予算のお粗末な実態と少人数学級の必要性、侵略戦争美化の教科書を採択した県の異常な実態を告発した。また、同研究所理事の片山敦史さんが、児童相談所の問題で報告。増設が実現したとしても、管内人口が国の基準を上回るところが多い、拡充は喫緊の課題と訴えた。
DSC05233 (2).JPG   会場からの質問に答える三輪定宣千葉大名誉教授
 さらに、千葉大名誉教授の長澤成次さんが、公共施設の統廃合や民間委託がすすみ、住民負担の増加やサービスの低下が起こっている問題を報告。同研究所事務局次長の宇内敏哲さんが、こうした事態をもたらしたおおもと、臨調「行革」路線を歴史的に告発した。
DSC05229 (2).JPG   長澤成次千葉大名誉教授・自治体問題研究所副理事長
 千葉県平和委員会の神谷敏弘さんは、「陸上自衛隊オスプレイの木更津配備を考える」というテーマで、「このままでは、関東がオスプレイの巣になる」と、警告を発した。最後に、日本共産党千葉県議団事務局次長の上野洋さんが、「千葉県政に求められる2つの転換」と題して、「国にきっぱりモノが言える県政に」「税金の使い方をおおもとから切り替よう」と、まとめ的な発言をした。
DSC05236 (2).JPG   日本共産党千葉県議団事務局次長の上野洋さん
 終了は、予定された時間を30分ほど越えていたが、しかし、まだまだ時間が足りないという感じがした。県政の転換は急務だし、3月の知事選でなんとしても勝利して、安心して暮らせる千葉県を実現したい。

内閣支持率下落、相次ぐ不祥事に加え森発言


 スガ内閣の支持率下落が止まらない。各社の調査で、のきなみ3割台に落ち込んだ。9日付の「赤旗」が報じた。

 「共同」の調査では、前回1月の調査から2.5ポイント減の38.8%、不支持は、3.1ポイント増の45.9%となった。NHKでも、支持は1月から2ポイント減の38%。読売でさえ、39%。不支持は、44%とのことだ。
DSC05210 (2).JPG   1月9日付「しんぶん赤旗」
 当然の結果だ。後手後手、小出しのコロナ対策の失策に加え、政権与党の不祥事が絶えない。

 自民・公明議員の「銀座クラブ」カルテットの問題。国民に自粛を呼びかける一方で、自民党の松本純・元国家公安委員長、田野瀬大道・文科副大臣、大塚高司・国会対策副委員長が、午後8時以降、遅くまで銀座のクラブで飲んでいた。しかも、記者に問われてウソをついていた。公明党の遠山清彦・幹事長代理は、同じように銀座のクラブ。加えて、こともあろうに政治資金からキャバクラ代を支払っていたことが明らかになって辞職に追い込まれた。腐敗極まれり、といったところだ。

 年末には、菅首相自身が、高級ステーキ店で会食していたことが、国民の批判を浴びた。これらの問題が片付かないうちに、今度は、かつて菅氏の秘書を務めていた首相の長男の総務省官僚接待問題が浮かび上がった。

 そして、森喜朗オリ・パラ組織委員長の女性蔑視発言だ。森氏の発言については、読売と日テレの共同調査でも、「大いに問題がある」が63%、「多少は問題がある」を合わせて91%が「問題がある」と答えている。組織委員長として、「適任とは思わない」が59.9%。「適任」と答えたのは、わずか6.8%だった。
DSC05212 (2).JPG   1月9日付「しんぶん赤旗」
 各種団体から抗議声明が相次いでいる。私たちの治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟も女性部が、8日付で「強く抗議し、即刻辞任を求める」声明を発表。森喜朗会長に送り付けた。
DSC05214 (2).JPG   国賠同盟中央本部増本一彦会長、大石喜美恵女性部長連名の抗議文
 不祥事はまだまだある。あの巨額買収選挙で逮捕された河合夫妻。案里氏は、有罪判決が確定して議員辞職したが、今に至るも罪を認めていない。その案里氏の選挙に全力を挙げたのが、安倍氏であり、菅首相なのだ。自民党本部からの1億5千万円の資金も解明されていない。

 吉川貴盛農林水産大臣は、大臣室で大手鶏卵業者から賄賂を受け取っていたことで、議員辞職に追い込まれた。秋元司内閣府副大臣は、中国のカジノ企業から賄賂を受け取り、その贈収賄の裁判中に、贈賄側に偽証の依頼をしていたことがわかって再逮捕された。

 あの「モリカケ」問題も「桜」の問題も、その疑惑は未解明のままだ。犯罪・不祥事があまりに多すぎて、記憶にとどめておくのに苦労するほどだ。

 こんな政府をいつまでも延命させておくわけにはいかない。こんな政治で、国民の命も暮らしも守れるわけがない。私たちの一票で政治は動く。政治を変えるのは、私たち自身の責任だ。平和と人権、民主主義を何より大事にするという当たり前の政治を実現していくことをいま、歴史が求めている。