アクセスカウンタ

小松実のひとりごと

プロフィール

ブログ名
小松実のひとりごと
ブログ紹介
日本共産党元千葉県議会議員 小松実




zoom RSS

千葉県日本共産党後援会の代表委員会と行政区事務局長の会議

2018/12/13 19:33
18.12.13

 今日は、千葉県日本共産党後援会の代表委員会と各行政区後援会の事務局長の合同会議がありました。

 小松敦県後援会事務局長の進行で、最初に会長の私がごあいさつ。続いて、日本共産党千葉県委員会の中嶋誠副委員長が、情勢の特徴とこの間の中間地方選挙の結果と教訓などについて報告しました。

 中嶋副委員長は、まず、臨時国会での安倍政権の国会を愚弄する大暴走について、外国人労働者の使い捨てをいっそうひどくする改定入管法、浜を大企業に明け渡す漁業法の改定、住民の命と健康に直結する事業を大企業のもうけ仕事に変える水道法の改定、日欧EPAの強行等々を指摘、経団連の言いなり政治を厳しく批判しました。
画像
   写真   報告する中嶋誠副委員長
 同時に、安倍首相が執念を燃やしていた臨時国会での改憲発議、憲法審査会での改憲案提示を世論と野党共闘の力で阻止したこともあげ、統一地方選挙・参院選挙の勝利で安倍政権に審判を下そうと訴えました。

 続いて、松戸市議選の結果に触れ、4年前との情勢の違いを踏まえた構え、取り組みになっていたかなど、6つの教訓を明らかにし、要求実現など、選挙勝利のための原点をはなさず、党への積極的支持者を増やすことなど、地方選が3か月後に迫ったもとで、後援会活動のいっそうのスピードアップを訴えました。

 続いて、小松敦事務局長から、「後援会に求められている役割は何か」を中心に、全国・県内の先進的活動を紹介しつつ、行政区後援会のさらなる強化をとの訴えがありました。

 その後、船橋市の丸山地域の後援会、習志野市の行政区後援会をはじめ、各地の後援会から報告や発言がありました。
 
 私も、最後に発言を求められ、各地区委員会などの党機関が後援会活動への理解と関与をより高める必要があると、こうした会議への担当者の出席などを求めていくことなどを提案しました。

 船橋市の丸山後援会は、町内5500世帯に毎月1580部の後援会ニュースを届け、市議会議員選挙をはじめ、いずれの選挙でも極めて高い得票率を確保し続けています。見習いたいし、この経験を大いに普及していきたいものだと思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


この国をダメにするメディアの責任

2018/12/11 22:19
18.12.11


 まともな審議もせず、ウソの資料で法案をごり押ししたり・・・。安倍政権のもとで国会の機能が完全にマヒしてしまっている。外国人労働者のいっそうの使い捨てにする改定入管法、漁業を大企業の食い物にする漁業法の改悪、ヨーロッパで破綻した水道事業を民間のもうけ仕事に差し出す水道法の改悪、さらには日欧EPA。臨時国会最終盤に、国の基本にかかわる重要法案が、次々と審議なしで強行された。「国権の最高機関」は、見る影もない。

 それにも増して、この異常事態をほとんど国民に知らせようとしない大手メディアのていたらくは、腹立ち・いら立ちを超えて、背筋の寒くなるような印象さえ受ける。肝心なことは知らせず、どうでもよさそうなことを微に入り細に入り報じて、国民の関心をそらしている。

 消費税の増税問題も、その問題点を報じるメディアは、ほとんどない。そのなかで、一人気を吐いているのが「しんぶん赤旗」だ。

 先日も、わかりやすいグラフを添えて、消費税増税問題が特集されていた。例えば、「2人以上世帯の実質家計消費の推移」。2014年4月、安倍政権のもとで消費税が8%へと増税され、一気に家計消費が落ち込んだ後、現在に至るまで、それが回復していないことが一目瞭然だ。8%増税前と比べて、最近1年間の家計消費は、1世帯当たり25万円以上も落ち込んでいる。こんな状態で、10%への増税が強行されたら、暮らしと経済は、さらに深刻な状況へと追い込まれるのは目に見えている。
画像

 今月で、消費税が導入されてからちょうど30年になる。「高齢化社会のため」「社会保障のため」と喧伝されて、これまで私たちが納め続けてきた消費税の総額は、なんと372兆円に達する。それで社会保障がよくなったか。安心して年を取れる国になったか。否、否、断じて否である。
画像

 それでは、372兆円もの消費税は、どこへ消えたのか。大企業への減税だ。消費税導入以来、法人3税(法人税、法人事業税、法人住民税)の減収額は、291兆円にも達している。何のことはない、消費税の8割は、大企業減税の穴埋めにされてきたのだ。ものづくりを投げ出し、利潤追求だけに走るようになった日本の大企業のために、その儲けのために、私たちは毎日消費税を納めさせられてきた。一部大企業の利益団体=日本経団連の言いなりに、さらなる大企業サービスのために、10%への増税など、断じて許せるものではない。
画像
 「しんぶん赤旗」は、日本共産党としての財源案もきちんと示している。

 かつて、日本のメディアは、政府・軍部の思惑通り、そのお先棒を担いで国民を戦争へと駆り立てた。その真摯な反省もないまま、今また、政府と財界の思惑通り、そのお先棒を担いで、国民の暮らしとこの国のまともな経済が破壊されようとしているのに顧みようとしない。

 ジャーナリストよ、立て!ジャーナリズムよ、起これ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第12回「まぁぶる寄席」にお運びを!

2018/12/10 20:23
18.12.10


 花見川区日本共産党後援会主催「まぁぶる寄席」が、いよいよ来週に近づいてきました。早いもので、今回で12回目です。

画像 12月16日(日)午後1:30〜4:00。千葉健生病院向かい側のレストラン「まぁぶる」奥の「健生病院友の会」の大会議室が会場。木戸銭は500円です。

 出演は、おなじみの百楽庵金一さん、めずらし家芝楽さん、久寿里菊之助さんに加えて、今回初お目見えの寝床家小道楽さん。四人の落語に、ペロ中島さんのギター漫談も加わります。

 いずれも、プロが真っ青になる実力の持ち主。上野や浅草まで足を運ばなくても、木戸銭も五分の一で、本格的な寄席をお楽しみいただけます。

 来年は、いよいよいっせい地方選挙と参院選挙の年。安倍政権による9条改憲を許さず、安倍政権そのものを退場に追い込むために、日本共産党の大躍進が必要です。この国の平和と民主主義を守り抜けるかどうか。国民の暮らしと将来への安心を手にすることができるかどうか。文字通り、歴史的な連続選挙になります。

 もちろん「まぁぶる寄席」は、後援会員でなくても、花見川区の方でなくても、落語好きならどなたでもご参加いただけます。一人でも多くのみなさんのお運びをお待ちしています。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


中村きみえ市議とともに地域を訪問

2018/12/09 21:43
18.12.09


 今日は、中村きみえ市議とともに、しんぶん赤旗の購読のお願いや日本共産党への入党のお誘いで地域を歩きました。

 お留守も多かったのですが、そのお留守だったお宅からあとで電話があって、購読の申し込みがあったり、今月で購読中止の予定だったお宅で引き続き購読してくれることになったり、来年3月からの購読を約束してくれるお宅があったり、うれしいことでした。

 また、入党には至りませんでしたが、お二人の方にお誘いをしました。「ビラ配りくらいなら、できることはやりますよ」などと、お誘いを真剣に受け止めてくれる方もあり、「また来ますから・・・」という言葉に、お互い大笑いして失礼してきました。

 どこへ伺っても、中村きみえ市議の日頃の驚異的な行動力、明るく真摯な活動スタイルに大きな信頼が寄せられていることを改めて実感しました。

 なかには未だに、「小松さん、なんで辞めちゃったのよ」などと惜しんでくれる方もいて、ありがたいことでした。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


地区党学校での講義や「オール千葉」の中野晃一さんの講演会

2018/12/08 23:39
18.12.08

 今日は、日本共産党の市原市委員会での地区党学校。「綱領」の講義をしてきました。前回、9月の千葉市緑区での「党史」の講義以来、3か月ぶりの講義です。

 受講者は、途中参加を含めて10名ほど。アットホームな感じの講義になりました。
画像

 何度やっても、時間配分がうまくいかず、今日も第4章の「民主主義革命と民主連合政府」のところに時間をかけすぎて、最終章・第5章の「社会主義・共産主義の社会をめざして」の部分に充てる時間がほとんど無くなってしまいました。
画像

 感想を書いてもらう時間もなくなり、後日、ファックスをもらうことになりました。帰るまでに間に合った分だけ、紹介します。

 「綱領に記されていることが、たいへん奥深い内容を含んでいることを改めて確認できました」

 「戦前の状況から、戦後、そしてこれからの共産党が果たすべき役割について、資料をもとに理解することができました」

 「日本がアメリカに握られた事実上の従属国となった歴史が、今日初めてはっきりした」

 などなど、それぞれの学習にそれなりに役立つことはできたのではないかと思います。
画像

 6時半から、「安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどすオール千葉の会」主催の上智大の中野晃一さんを招いての講演会があり、そちらへも参加するという受講者3人を乗せて、千葉市民会館へと車を走らせ、何とか間に合いました。
画像

 中野さんは、安倍政権が続いていることについて「数はあっても、恥も外聞もない」からだと切り捨て、「『日本を取り戻す』などと言ってきたが、やっていることは『日本を差し上げます』だ」と、ウイットに富んだ言葉で批判。

 ママの会や若い人たちの頑張りに触れ、「まだ日本は終わっていない」「微力ではあるが、無力ではない」と、安倍改憲にストップをかけ、安倍政治に終止符を打つ運動を励ましました。

 「市民と野党の共闘」に触れて、先の総選挙の際に、希望の党の動きで壊されそうになった共闘を日本共産党が候補者を降ろすなど身を切って守り抜いたことも指摘。日本共産党の小池晃書記局長がマスコミに「見返りは何か?」と問われて「見返りは、民主主義だ」と答えたことを紹介、「かっこよかった。自分もああいうことを一度は言ってみたい」と、会場を沸かせていました。
画像
   写真   講演する中野晃一さん
 日本国憲法の特徴に話を進めた中野さん。憲法には、必要な二つの柱がある、として国民の権利を定めたいわゆる「権利章典」ともいうべき部分と、それを保障するための「国家権力の分立や統制」だと指摘。日本の憲法は、「権利章典」の部分が40条もあり、しかも先駆的で包括的、「国家権力の分立や統制」については、多くを「法律でこれを定める」としている。だから、他国と比べてコンパクトな憲法になっているし、改定の必要性もなかった、と述べました。

 安倍政権としては、国民投票が怖い。だから野党を切り崩したい。野党を取り込んで、護憲派を孤立させたい。こちら側としては、とにかく「安倍改憲を止める」「発議させない」という点で、とにかく手を組む、できるだけ広い共闘を実現する以外にない、という指摘は、その通りだと思いました。

 講演の後、立憲民主党や社会民主党、日本共産党、国民民主党、新社会党、無所属議員など、各党の代表が登壇。それぞれあいさつをしました。日本共産党からは、畑野君枝衆議院議員があいさつしました。
画像
   写真   登壇して紹介を受ける各党議員。右から無所属の小西参議院議員、社民党の福島参議院議員、国民民主党の奥野衆議院議員、日本共産党の畑野衆議院議員、立憲民主党の安藤県議。他に、新社会党の鳰川千葉県本部書記長があいさつしました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


久しぶりの「午前さま」――学生時代の仲間たちと

2018/12/07 16:29
18.12.07

 昨夜は、久しぶりの午前さまになりました。学生時代のサークル仲間の忘年会。近在の7人ほどが集まりました。

 ビールや焼酎を飲みながら、そして食べながら、それぞれの家族を含めた近況や健康の話、思い出話は、尽きることがありません。

 一人は昨年、早々と逝きましたが、70歳を超えて、みんなまだまだ元気です。

 居酒屋を出たものの、まだ話し足りないのか、酔い冷ましか、今度は近くの喫茶店へ。そこでもまた、他のお客さんの迷惑になったのではないかと思うほどのおしゃべりと大笑いです。

 時計を見て、「最終に間に合うのか?」のひと言で、そそくさと帰り仕度。「あと何年、こんなふうに集まれるのかな?」「お互い、欠けないようにな」そんなことを言い合いながら、駅へと急ぎました。
画像
   写真   この夏、伊豆に集った仲間たち。昨日は、この写真に写っていない二人を含め、近在の7人でした。
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


花と水鳥と軍用ヘリ

2018/12/05 18:41
18.12.05


 暖かな陽気に誘われて、花見川沿いの散策に出ました。

 団地の日当たりのいい一角に、なんと、かわいい海棠(かいどう)が花をつけていました。春も暖かくなってから咲く花だと思いましたが、花も勘違いしているのかもしれません。
画像

 川沿いの散策路には、冬桜。かなり粘り強く花をつけています。
画像

 粘り強いといえば、白いたくさんの小花をつけている低木があります。アベリアというのだそうです。
画像

 師走だというのに、季節を間違えたり、長く花をつけたり。水辺では、遠目で種類がよくわかりませんが、水鳥がねぐらで羽繕いをしていました。
画像

 さて、気持ちよく引き上げようかというときになって、突然、爆音が近づいてきました。おそらくは、習志野基地からのヘリコプタ―でしょう。3機編隊で、東京湾へと向かっていきました。最近は、ヘリの騒音が頻繁になっているような気がします。
画像

 来年6月と11月には、幕張メッセで「軍事見本市」が開かれるとのこと。幕張を、世界の武器・兵器の発信源、取り引きの場にしてはなりません。この国を軍事優先の国にしてはなりません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる