テーマ:落語・寄席

やっぱりお見事!第13回寄席「花見川亭」

13.06.16  楽しみにしていた畑コミュニティーセンターでの第13回寄席「花見川亭」。開会中の県議会の準備もそこそこに駆けつけました。お客さんは、40人を超えていたでしょうか。なかには、私どもの宣伝の成果?で、何人かの顔見知りも。  最初の登場は、三遊亭金一さん。演目は「初天神」。「あれ買ってくれ、これ買ってくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月23日「まあぶる寄席」にどうぞ!

13.06.01  あっという間に、6月になりました。5日から、定例6月県議会が始まりますが、その合間を縫うようにして、さまざまな催しが手帳を埋めています。  6月2日(日)、Tさんの出版記念会。挨拶を頼まれています。その後は、「ノーニュークスデイ」国会包囲行動に駆け付けます。  6月3日(月)大学時代のサーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堪能しました。浅草演芸ホール

13.05.06  大入り満員だった昨日の浅草演芸ホール。最初の登場は、かわいい女性の前座さん。誰でも知っているような小噺を二つほど重ねて演じました。同じネタでも、前座と名人がやるのとでは、天地の違いがあります。不思議なものですね。  お目当てはもちろん、トリ(夜の部主任)の小三治師匠ですが、さすがゴールデンウィーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑コミュニティーセンターの寄席「第12回 花見川亭」

13.02.24  今日は、畑コミュニティーセンターで開かれる寄席の「第12回 花見川亭」。演者の一人、三遊亭金一さんから、お誘いの声をかけていただき、楽しみにしていました。(三遊亭金一さんとの出会いは、2012年10月28日付「ひとりごと」参照)  開演15分くらい前に会場に着くと、もうかなりのお客さんで席が埋まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しみな第12回(寄席)花見川亭

13.02.19  今朝、新検見川駅での宣伝中、通勤する三遊亭金一さんにお会いしました。知る人ぞ知るアマチュア落語の名人です。  昨年7月、習志野で開かれた柳家小三治の独演会でばったり出会い、その後、畑コミュニティーセンターでの寄席、第11回花見川亭に出かけて、金一さんたちの噺を聞いて驚きました。三遊亭金一さんはもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浦安での小三治師匠の独演会に

12.11.14  昨夜、政府交渉の帰りに、浦安市の文化会館で行われた柳家小三治師匠の独演会に行きました。かなり大きな会場(1800席くらいはあるのではないでしょうか)は、ほぼ満席。やはり、たいした集客力です。  前座を務めたのが、二つ目の柳家ろべえ。東京農工大学工学部卒業とやらのインテリ?で、柳家喜多八師匠のお弟子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花見川区民まつりや畑コミセンでの寄席「花見川亭」

12.10.28  あいにくの空模様のもと、今日は、第20回の「花見川区民まつり」。政令指定都市になって、早くも20年です。  午前10時の開会式に顔を出すために駆けつけると、入り口周辺は大渋滞。待っていたら、間に合わないかと、近くの日本共産党事務所の駐車場を借りました。  年々、参加者が増え、規模が大きくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しみました。柳家三三の独演会

12.09.14  今日は、楽しみにしていた柳家三三(さんざ)の独演会。会場の千葉市文化センターは、7割程度の入り。当然のことですが、師匠の小三治には、まだまだ及ばないといったところでしょうか。  まずは、二つ目の入船亭遊一が登場。「元犬」で会場をほぐします。三三は、前半に「湯屋番」と「真田小僧」の二席。テンポのいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お元気、お見事、小三治師匠の独演会

12.07.26  「忙中閑あり」柳家小三治師匠の独演会に足を運びました。習志野文化ホール、前から5列目というラッキーな席。もちろん、開演前にすでに会場は埋まっていました。  まずは、小三治師匠の最後のお弟子さんだと思いますが、三之助さんが登場。落語協会ホームページのインターネット落語の司会でおなじみです。千葉県は銚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

堪能しました。柳家小三治師匠の独演会

11.09.20  以前から楽しみにしていた柳家小三治師匠の独演会。明日から、9月定例県議会が始まりますが、万難を排して出かけました。  さすがです。会場の千葉市民会館は、いっぱいでした。幕開けは、お弟子さん(と言っても、真打ち)の柳家一琴さん。得意ネタの一つという「平林」を熱演。前座話だと思うのですが、小三治師匠のお弟…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

15回目を迎えた「菊輔落語のつどい」

2008.10.12  千葉市出身の真打、古今亭菊輔師匠を招いての「菊輔落語のつどい」に参加、前座で政治のお話をさせていただきました。主催は、桜木・貝塚・加曾利地域の日本共産党後援会。年に1回、もう今年で15回目を数えるそうです。  古今亭菊輔師匠は、千葉市立誉田中学校を出て、県立成東高校に進学。そこで落語研究会の部長さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古今亭菊輔師匠の独演会「菊輔曼荼羅」

07.06.30  今回で11回目となる菊輔師匠の独演会「菊輔曼荼羅」に出かけてきました。菊輔師匠のことは、3月27日付の「ひとりごと」に書きました。まだの方は、是非ご覧ください。6:00開演に少し遅れて上野の鈴本に着くと、すでに「立ち見しかありません」とのこと。盛況ぶりはうれしいけれど、最後までの立ち見はちょっとつらい。入り口で、師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more