テーマ:憲法・平和

「九条の会千葉地方議員ネット」が総会と講演

13.06.10  昨日、全国で唯一憲法九条を護るとの一点で、超党派の地方議員が結集する「九条の会千葉地方議員ネット」の総会があり、参加しました。  総会では、大江健三郎さんたちの「九条の会」事務局の高田健さんが、「いま、九条の会にもとめられていること」と題して講演しました。  高田さんは、今、安倍政権の改憲へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都仏教会理事長有馬頼底氏の期待に応えたい

13.05.10  12日付のしんぶん赤旗の一面に、京都仏教会理事長で、金閣寺、銀閣寺の住職、臨済宗相国寺派の有馬頼底(らいてい)管長のインタビュー記事が掲載されています。その見識に心から敬意を表したいと思います。  有馬管長は、96条改憲について「何という愚かなことをするのか」「憲法は、主権者である国民が国家権力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日、宣伝と学習

13.05.03  今日は、憲法記念日。午前中、中村きみえ市議とともに、「憲法を護らせよう!」「96条改憲反対!」「平和原則を護りぬこう!」と、花見川区内を宣伝カーで訴えて回りました。    写真    訴える小松実と中村きみえ市議  幕張の県営住宅では、足が悪いのにわざわざ外へ出て演説を聞いてくださる方がいて、恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「96条改憲」も反対が多数

13.04.24  「『96条改憲』反対が多数」と、今朝の「しんぶん赤旗」が報じています。改憲派の急先鋒「産経新聞」、共同通信の世論調査の結果です。  憲法96条は、「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11.3「憲法九条の集いin千葉」にご参集を!

12.10.22  月曜日の今朝の駅頭宣伝は、幕張本郷駅。中村きみえ市議と一緒です。駅頭宣伝では、いつも中村きみえ市議が、通勤の皆さんにお配りするチラシを用意してくれます。今朝は、11月3日午後1時半から千葉市民会館で開かれる「11.3憲法九条の集いin千葉」のご案内チラシを配りました。  主催は、「九条の会・ちばけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

67回目の終戦記念日、街頭から訴え

12.08.15  今日は67回目の終戦記念日。二度と再び戦争をしてはならない、この国を戦争をする国にしてはならないと、中村きみえ市議とともに、宣伝カーで街頭から訴えました。    写真     訴える中村きみえ市議(右)と小松実  日本の侵略戦争、アジア太平洋戦争は、310万人の国民の命を犠牲にしました。2000万人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見識と格調、田上長崎市長の平和宣言

12.08.09  今日は、6日の広島に続く、長崎の日です。長崎に投下された一発の原爆が、その年のうちに7万4千人の命を奪い、ほぼ同じ数の人々に負傷を負わせました。生き残った比較的元気そうに見えた人たちも次々と放射能の影響で命を奪われたり、また長期にわたって苦しめられることになりました。  今日の記念式典での田上富久…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒロシマの日、忘れられない授業

12.08.06  今日は、広島の日。アメリカの原爆投下から67年目を迎えました。一瞬にして、広島の街を壊滅させ、その年末までに約14万人の命を奪いました。広島に続いて長崎、そしてビキニ、さらに福島。これほど核に、放射能に痛めつけられた民族は他にありません。「原爆も原発もいらない」この声を世界に広げ、現実のものにする責務が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

憲法施行65周年、宣伝や学習

12.05.03  憲法施行65周年の今日、午前中は、時折吹きつけるような強い雨の降るあいにくの天候でしたが、中村きみえ市議とともに、宣伝カーで幕張や幕張本郷、瑞穂、花園の地域を走り、「憲法を護り、活かし、次代へとしっかり引き継いでいこう」と訴えました。  演説していると、どこでもご挨拶してくれる人があり、わざわざ出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日は、憲法記念日。ハシストたちの跋扈を許すな!

12.05.03  明日3日は、憲法記念日。2000万人ものアジア諸国の人々、300万人もの日本国民の命を犠牲にし、その何倍もの人々を悲劇のどん底に陥れたアジア・太平洋戦争の深刻な反省から、私たち国民が手にした世界に誇る平和憲法の意義・値打ちを改めて噛みしめ、それを護り、次代へ引き継いでいく決意を新たにする日です。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more