テーマ:マスコミについて

石井暁さんの「自衛隊の闇組織」を読む

19.02.08  昨日、出かけたついでに何冊か本を買ってきました。そのうちの1冊「自衛隊の闇組織――秘密情報部隊『別班』の正体」(石井暁、講談社現代新書)を今日読みました。  本書にも紹介されていましたが、かつて「しんぶん赤旗」が連載し、その後「影の軍隊『日本の黒幕』自衛隊秘密グループの巻」として出版されたものの続編ともい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国をダメにするメディアの責任

18.12.11  まともな審議もせず、ウソの資料で法案をごり押ししたり・・・。安倍政権のもとで国会の機能が完全にマヒしてしまっている。外国人労働者のいっそうの使い捨てにする改定入管法、漁業を大企業の食い物にする漁業法の改悪、ヨーロッパで破綻した水道事業を民間のもうけ仕事に差し出す水道法の改悪、さらには日欧EPA。臨時国会最終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆れた日テレの世論調査報道

17.12.19  17日、日テレニュースがNNNの世論調査結果(15~17日実施)を報じた。  安倍内閣を支持する人が、前月調査より3.3ポイント下落して37.8%、支持しない人は3.9ポイント上がって45.3%。支持率が3割台に落ち込んだのは4か月ぶり、とのことだ。ここまではよし。驚いたのは、次の政党支持率の報じ方だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ETV特集「関東大震災と朝鮮人・・・」に平形千惠子さんが

16.09.05  9月3日(土)放送のNHK3チャンネル・ETV特集「関東大震災と朝鮮人 悲劇はなぜ起きたのか」を見ました。妻が録画しておいてくれたものです。  関東大震災の混乱のなか、「朝鮮人が襲ってくる」「井戸に毒薬を投げ込んでいる」などの根も葉もない流言飛語が飛び交い、政府や軍もそれに同調するなかで、多くの朝鮮人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道の良心を見た「TBS報道特集」

16.08.06  今日は、花見川区革新懇の久々の世話人会。日本共産党中村きみえ市議の事務所をお借りしました。この間の参院選や東京都知事選などについての感想などを述べあい、今後の活動の計画を討議・確認しました。  花見川区革新懇では、今年2月、辺野古の新基地建設・東村高江のヘリパッド建設を許すな、ということで「沖縄支援ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞ありがとう!

16.03.30  今朝(3/30)の東京新聞。千葉中央版のトップに、昨日の「戦争法廃止!花見川区民の会」の小森陽一さんを招いての講演会が大きく掲載されました。  「廃止へ『あきらめない』」「安保法施行」「『本当の民主主義実現を』」との見出し。講演前の千葉合唱団の歌声も紹介。沖縄の小学生の詩をもとにつくられた楽曲の題名そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋下を使う「テレビ朝日」の不見識

16.03.23  今日の新聞のテレビ欄を見て驚きました。テレビ朝日が午後7時から、約3時間もの枠をとって、元大阪市長、12月に政界引退を表明したとはいえ、今も「おおさか維新の会・法律政策顧問」におさまっている橋下徹を看板にした番組を流すという。  もともと橋下徹は、テレビのバラエティー番組がつくり出した政治家。しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NNNドキュメント「9条を抱きしめて」

15.05.10  集団的自衛権具体化・憲法破壊の「戦争立法」、沖縄辺野古への新基地建設強行の動きのなかで、実にタイムリーな素晴らしいテレビ番組が放送されました。「9条を抱きしめて――元米海兵隊員が語る戦争と平和――」日本テレビの良心のような番組「NNNドキュメント」です。  元米海兵隊員とは、あのアレン・ネルソンさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常軌を逸した「読売」の「朝日」叩き

14.10.16  「読売」の常軌を逸した「朝日」バッシングが続いています。先日も再び、「朝日『慰安婦』報道は何が問題なのか」と題する19ページにも及ぶパンフレットが、「慰安婦報道検証 読売新聞はどう伝えたか」というA4・4ページのリーフと、「読売新聞は真実を追求する公正な報道で信頼に応えます」などとするチラシとともにわが家の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKの偏向、元ディレクターが批判

14.08.01  「114分対77秒 これが公平か」と、元NHKディレクターの戸崎賢二氏が、NHKの集団的自衛権をめぐる報道のゆがみに厳しい批判を展開しています。昨日の「しんぶん赤旗」です。  戸崎氏は、安倍首相の私的諮問機関「安保法制懇」の報告が出た5月15日から、7月1日の閣議決定まで、NHKの代表的ニュース番組「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「慰安婦はどこの国にも」と、今度はNHK籾井会長

14.01.28  「(慰安婦は)日本だけがやってたようなことを言われるが、戦争をしているどこの国にもあった。」  「欧州ではどこだってあった。」  「韓国が、日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしくなる。(保障問題などは)日韓条約で解決している。」  橋下徹大阪市長ではありません。安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしくさえあるテレビニュースの不見識

14.01.14  今日の新聞のテレビ欄を見て、驚きました。ニュース番組の内容紹介です。  日本テレビは「N every」で、「都知事選出馬表明は 細川・小泉会談の行方」。夜の「N ZERO」でも「細川氏と小泉氏会談か」となっています。  テレビ朝日は「N Jチャンネル」が、「小泉・細川会談行方は」。夜の「報道ステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米情報機関、独メルケル首相の携帯まで盗聴?

13.10.25  「事実と判明すれば、このような行為は全く容認できず、はっきりと非難する。」  今朝の「しんぶん赤旗」に掲載されたドイツ、メルケル首相の言葉です。  ドイツの週刊誌「シュピーゲル」が、独自調査の結果として、アメリカの情報機関がメルケル首相個人の携帯電話を盗聴していた疑いがあると報じたことを受けてのもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大メディアの偏向と「しんぶん赤旗」

13.03.22  「目下、政治の右傾化、ファッショ的傾向に理論的・組織的に抵抗している政党はあなた方だけのようです。思想と実践の一端を拝見したく、申し込みます」(東大阪市の男性)  「現在購読している新聞の論調がおかしく思うようになったから」(福岡市の男性)  「震災をきっかけにテレビや新聞に疑問を感じるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購読紙を「朝日」から「東京新聞」に切りかえました

12.09.24  購読していた朝日新聞をやめ、東京新聞に切りかえることにしました。「権力の監視役」としてのジャーナリズムの基本を投げ捨て、それどころか「権力の広報・宣伝機関」に成り果てているその報道姿勢に、愛想が尽きたというところでしょうか。  いつかのブログにも書いたかもしれませんが、消費税増税法案の衆院通過前1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の新聞、発行部数も異常

12.09.18  先日、弁護士さんなどでつくる日本共産党後援会で、お話をさせていただきました(11日付「ひとりごと」参照)。その際に、いかに日本のマスメディアが異常かという話の中で、日本の新聞発行部数のお話をしました。今日、改めてその数字を教えてほしいとの問い合わせがありましたので、ここでも紹介しておきます。  日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自民・民主の総裁選を垂れ流す巨大メディアの異常

12.09.15  巨大メディア、とりわけテレビ報道の異常さが際立っています。自民党の総裁選をこれでもかこれでもかと垂れ流す。それに民主党の総裁選。さらに、相も変わらず「維新の会」。公共放送としての良識もなにもかなぐり捨てて、いや本当のところは、かなぐり捨てるほどの良識も持ち合わせていなかったのだと思いますが、「財界の利益…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呆れる「朝日」世論調査、消費税増税の誘導尋問

12.06.10  巨大メディアの頽廃・堕落ぶりが目に余ります。「朝日」6月6日付の世論調査結果を見て、あきれました。  設問にこうありました。「政府は社会保障の財源にあてるために、消費税を2014年4月に8%に、2015年10月に10%に引き上げる法案を国会に提出しました。この法案に賛成ですか。反対ですか。」 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

政局報道に明け暮れる巨大マスコミの頽廃

12.06.04  テレビも新聞も、政局ばかりの報道です。消費税増税が暮らしにどんな影響を及ぼすのか。消費は、営業は、どうなるのか。中小企業の経営はどうなるのか。景気・経済への影響はどうか。税収はどうなるのか、国や地方の財政は、それでどうなるのか。肝心なことには一切触れません。  首相と小沢一郎氏がどうした。自民党と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more