アクセスカウンタ

小松実のひとりごと

プロフィール

ブログ名
小松実のひとりごと
ブログ紹介
日本共産党元千葉県議会議員 小松実




zoom RSS

「千葉2区市民連合」世話人会や日本共産党千葉県後援会の代表委員会

2018/07/12 23:05
18.07.12


 暑さにやられたのか、このところ体調不良でしたが、今日は、「千葉2区市民連合」の世話人会で習志野へと出かけました。

 参加は少なかったのですが、佐藤勉事務局長から、この間の自由党との懇談の様子や「千葉県市民連合」運営委員会の様子などが報告され、今後の活動について協議が行われました。
画像
 各立憲野党との懇談については、自由党に続いて、立憲民主党や日本共産党など、引き続き進めていくこと。また、参院選へのかかわりという点について、立憲野党を多数派にしていくために、3人区の千葉県でも2名以上の立憲野党候補の当選をめざすこと、その際、2区市民連合や千葉県市民連合、あるいは全国市民連合の政策が支援の基準になること、さらに、各立憲野党中央にも、共通の基本政策を早期に取りまとめ、1人区での統一候補擁立を働きかけていくこと、等々で合意しました。
写真は、 「市民アクション花見川」の行動をお知らせするチラシ   
画像
   写真   「市民アクション花見川」の映画と暑気払いのつどいのチケット
 午後からは、日本共産党千葉県後援会の代表委員会に出席しました。代表委員会の機能強化に関連して、他県の経験などにも学びながら、各行政区後援会の代表を集めた会議を定期的に招集し、活動の強化を図ること。また、10月18日に予定している県後援会総会の企画や準備等について協議しました。

 夕方からは、花見川区革新懇の安倍9条改憲NO!3000万署名の駅頭行動でしたが、やはり体調が思わしくなかったので、こちらはパスさせてもらいました。


 ところで、昨日は、日本共産党創立96周年記念講演会。インターネットで参加しました。志位和夫委員長の講演に先立って、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」共同代表の高田健さんがゲストとして登壇。高田さんは、この間の運動に触れ、「私たちがつかんだ確信は、市民と立憲野党の共闘を発展させることこそ、この戦後政治史上、まれにみる戦争と反動、腐敗の安倍政権を退陣させ、新しい政治を実現する道につながるというものです。」高田さんは、一口に共闘というが、そんな簡単なことではなかったと振り返り、「大義のために違いを留保し、お互いを尊重しながら連携するということ」「共同こそ力、団結こそ力だ」と、強調されました。
画像
   写真   高田健さん
 続いて、二人目のゲストは、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の呼びかけ人・中野晃一さん。中野さんは、昨年10月の総選挙にふれ、「たいへんな状況となり、野党共闘も一時は完全に壊れたと思いました。何しろ政策協定した政党が翌日なくなる、正直目の前が真っ暗になりました。そこで共産党は身を切るように、候補者を取り下げながら共闘の形を何とか保ってくれた。私たちのたたかいを支えてくださったことに、あらためて感謝申し上げたいと思います。」と語り、「また、一緒に大きなうねりをつくれるように、手を携えて頑張っていきたい」と、決意を表明しました。
画像
   写真   中野晃一さん
 大きな拍手で迎えられた志位和夫委員長は、「いま日本共産党綱領がおもしろい――激動の情勢のもとでの生命力」と題して講演。日本共産党綱領の生命力を@自民党政治を根本から変える日本改革の羅針盤になっている。A綱領が、市民と野党の共闘に取り組む確かな土台になっている。B21世紀の世界を捉え、独自の平和外交を進める確かな指針となっている。C資本主義の枠内での民主的改革のプログラムを示しているだけでなく、資本主義を乗り越えた未来社会――社会主義・共産主義社会の壮大な展望を示している、との4つの角度から紹介。強く大きな党をつくることが、統一戦線を発展させ、綱領を実現する最大の力だと、一人でも多くの方の入党を呼びかけ、来年の参院選と統一地方選での勝利を訴えました。
画像
   写真   志位和夫委員長
 私もこの間、いろいろなところで日本共産党「綱領」を講義してきましたが、なるほど、こういう語り方もあるのだと、改めて感心させられました。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「市民アクション花見川」の「9の日」定例署名・宣伝行動

2018/07/09 22:26
18.07.09

 3日に続いて今日9日は、「市民アクション花見川」の定例の署名・宣伝行動。開始時間の午後6時、JR新検見川駅南口には、日本共産党の中村きみえ市議や市民ネットワークの宮田敬子さんをはじめ、10人ほどの仲間が集まりました。
画像
   写真   訴える日本共産党の中村きみえ市議
 例によって、交替でマイクを握りますが、今日はその訴えが始まる前に、青年が署名をしていってくれました。

 いつも訴えている場所だけに、すでに署名をした方もずいぶんいますが、思いのほか足が止まります。対話も始まります。
画像

画像

 訴えは、それぞれ個性的です。「働き方改革」やカジノ法案にも話は広がります。最後に私にもマイクが回ってきました。安倍政権が、秋の臨時国会にも、改憲発議を狙っていること、私たちの世代で憲法の平和原則を手放すわけにはいかないこと、軍隊をなくし、そのお金で、福祉や教育を充実させ、外交の力で領土と平和を守り続けているコスタリカの話もしました。
画像

 約1時間で22筆の署名が寄せられました。全国市民アクションのアピールにあるように、9月30日までになんとしても3000万をやりきりたいし、そのために花見川区としても貢献したいと思います。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


久しぶりに若葉区で「綱領」の講座

2018/07/07 22:05
18.07.07


 日本共産党千葉県中部地区委員会の地区党学校。今日は、野本信正市議の事務所別館をお借りしての若葉区教室です。野本事務所の一軒おいた隣に、文字通り、教室のような別館がありました。

 私の担当する「綱領」の講義は、暑い盛りの午後2時から。別館には、エアコンの設備がありません。千葉市の小・中学校は、やはり未だにエアコンが設置されていないのですが、その過酷な学びの条件を、図らずも体験することになりました。

 講義は、5月に八千代市委員会や中部地区委員会、県の労働者向けと、立て続けにやって以来、1か月半ぶりになります。しかも、この2〜3日、体調を崩していて、スタートは、どうも調子がでません。たらたら流れる汗を拭き拭き、しゃべっているうちに、なんとか調子が戻ってきました。
画像

 参加者は16人。5時半までの(実は、10分ほどオーバーしました。)講義に、熱心にお付き合いくださいました。感想を書いていただく時間もなかったのですが、提出いただいた一部を紹介します。

 「綱領は、何回か読んで、支部で学習会もやってるので、それなりに解っているつもりでいたのですが、今回、小松実氏の熱のこもった話し方とレジュメと、詳しい資料で、さらに党綱領のすばらしさと重要さを感じました。」

 「入党して早48年!50年目を前にして、今の情勢のもとで綱領を学び直したいと思いながら、なかなか機会がなかったのですが、やっと小松さんの講義を聴くことができました。わかりやすく、あつい!語り方にひきこまれました。初心にかえり、また頑張ろうと思いました。」

 「短時間の『講義』でしたが、内容が豊富、質も高く、満足しています。もう少し時間をかけて受講したいと思います。」
画像

 「戦前、戦後の歴史のなかで・・・・様々な困難とたたかってきた(歴史を)今の日本のなかでどのようにすすめていくのか学んでいくことが、確信につながっていくと思いました。小松講師の話は、多方面にわたり、広がり、ワクワクして聞くことができました。」

 「良かったです。普段あまり考えもせずにいることを、とてもわかりやすく、引き込まれてしまいました。別の世界をかいま見た、そんな感じでした。それが私たちがつくっていく政治であることに、驚きました。」

 他にも「わかりやすい講義で、知らなかったことを沢山聞けて、先人たちの苦労が素晴らしいと思いました。」とか、日本の再軍備と改憲こそがアメリカの当初からの狙いであったこと(ロイヤル米陸軍長官の提唱など)について「目からウロコ」とか、講師を励ます感想を沢山いただきました。

 今月はもう一つ、規模の大きな「講座」があります。しっかり準備して、体調も整えて臨まなければなりません。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


全国市民アクションのアピールに応えよう

2018/07/06 18:49
18.07.06

 今日の「しんぶん赤旗」が、「安倍9条改憲の発議阻止」「3000万人署名達成急ごう」との見出しで、一日付の「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」のアピールを紹介しています。
画像

 アピールは、「『年内発議』の最大の関門であった通常国会では、私たちは発議を止めることができました。」と述べたうえで、「次の焦点は、今秋に予定される臨時国会です。ここでも発議を阻止できれば、安倍自民党の改憲の野望は非常に実現困難になります。」「目標の『3000万人』を早期に達成すれば、安倍自民党の憲法改悪の野望にとどめを刺すことが可能になってきました。」と、もう一層の奮闘を呼びかけています。
画像
 署名数はすでに、4月末日の時点で、1350万人を超えていますが、アピールでは、次の第4次集約を「9月30日」までとするとしています。戸別訪問の一層の強化や暑中見舞い作戦など、創意工夫を凝らした取り組みを訴えています。

 私たちの「市民アクション花見川」でも、連続行動や「映画と暑気払いのつどい」などを計画していますが、もうあとひと回りの知恵と行動が求められているようです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「市民と野党の共闘」追求する「赤旗」記事、「始まった共闘の時代」

2018/07/04 18:30
18.07.04


 今朝の「しんぶん赤旗」一面トップは、「始まった共闘の時代」との見出しで、今、来年の参院選・統一地方選へ向けて全国各地で開かれている日本共産党の演説会で、市民が次々に応援に立ち、市民と野党の共闘で安倍政権を倒そうと訴えていることが報じられています。

 そこで紹介されている一人が、「安保関連法に反対するママの会@ちば」の宮本理恵さんです。先日、志位和夫委員長を迎えて行われた船橋市の演説会での宮本さんの訴えの一部が紹介されています。
画像

 「私たちが考えた政策を実現してくれる政党、政治家は誰かなって考えたら、共産党が手をつないでくれました。共産党だけではありません。他の立憲野党も手をつないでくれました。」

 「この千葉県でも市民連合をつくり、いま、市民と政党が一つの輪になって、市民と野党の共闘の輪ができてきています。安倍政権を倒したい。でもどうしたらいいかわからないなって思っている方がいらっしゃったら、どうか私たちのこの共闘の輪の中に入ってきてください。」

 なんともさわやかな訴えです。宮本さんは、先日、木更津で開かれたオスプレイの暫定配備に反対する県民大集会でも「ママの会」を代表して訴えをされていました。
画像
   写真   木更津の県民大集会で訴える宮本理恵さん
 6月8日には、わが千葉市でも、小池晃書記局長を迎えての演説会が行われましたが、そこでも「市民ネットワークちば」の宮田敬子さんが、「共闘賛歌」の堂々たる訴えをしてくれました。
画像
   写真   千葉市で開かれた演説会で訴える宮田敬子さん
 宮田さんは、私たちが取り組む「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」の事務局を支える重要なメンバーです。「『日本共産党』の旗と『市民ネットワーク』の旗が、並んで立っているを見るのが大好き」という宮田さん。「千葉2区市民連合」の世話人も務めています。

 「市民と野党の共闘」は、まともな政治を願う人たちの結集の軸であり、安倍政権がその発展を最も恐れているものの一つであり、日本共産党がその「綱領」で謳う、「統一戦線」の方針=国民の切実な要望に応える一致点にもとづいて、思想信条の違いをこえた共同の力で、国民合意のもと一歩一歩社会を変えていこうという展望とも合致するものです。

 地域から、さらにこの「市民と野党の共闘」を大きく発展させていきたいものです。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


幕張駅前で宣伝・署名、「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」

2018/07/03 21:30
18.07.03

 今日は、「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」定例の宣伝・署名行動。JR幕張駅の南口に、日本共産党の寺尾さとし県議をはじめ8人が集まりました。
画像

 例によって、交替でマイクで訴え、9条改憲に反対する全国統一署名を呼びかけました。なかなか足は止まりませんが、それでも「もう、やりましたよ。がんばってください。」とか「私も、やってますよ」とか、声をかけていく人がいます。うなづきながら、申し訳なさそうに通り過ぎていく人がいます。
画像

 約1時間で13筆の署名が寄せられました。

 6月末の時点で、花見川区の署名数は、9300筆あまり。今月はこのあと、9日に、JR新検見川駅南口。12日には、花見川区革新懇がJR幕張駅北口。19日は、JR新検見川駅北口で、いずれも午後6時から。21日は、千葉健生病院友の会の納涼大会で、午後4時から。29日には、コープみらい花見川店前で、午後4時からと、行動予定が組まれています。なんとしても、花見川区で1万筆を超え、全国3000万の目標に貢献したいと思います。
画像

 安倍政権の改憲の野望を打ち砕き、退陣に追い込むために、まずは暑さに打ち勝たなくてはなりません。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


木更津・吾妻公園に2千人超、オスプレイ暫定配備反対県民大集会

2018/07/01 20:47
18.07.01


 強烈な陽射し、猛烈な暑さのなか、「オスプレイ暫定配備反対 7.1県民大集会in木更津」が、木更津市の吾妻公園で開かれ、花見川区からも「戦争法廃止!区民の会」などの幟を持って参加しました。
画像

 2014年10月、木更津基地は、オスプレイの定期整備基地とされ、地元をはじめ県内の反対の声を押し切って昨年2月、普天間基地所属のオスプレイ1機が飛来、定期整備が始まっています。さらに今年3月「佐賀空港にオスプレイ配備の施設整備が整うまで、本年秋までに納入予定の陸上自衛隊オスプレイ5機を木更津駐屯地に暫定配備する方向で調整に入った」との報道があり、県議会でも、日本共産党の寺尾さとし県議が県の姿勢を追及してきました。県知事も反対を表明している佐賀県への配備が困難ということになれば、木更津が正式な配備先ということになりかねません。
画像
   写真   激励・連帯のあいさつをする立憲民主党の生方幸夫衆議院議員
画像
   写真   同じく激励と連帯のあいさつをする日本共産党の畑野君枝衆議院議員
 2時からの大集会では、主催者あいさつに続いて、立憲民主党の生方幸夫衆議院議員や日本共産党の畑野君枝衆議院議員、自由党から青木愛参議院議員、社民党の小宮清子県議会議員、さらに新社会党の元衆議院議員岡崎ひろみさん、市民ネットワークの代表などが連帯のあいさつ。また、「安保関連法に反対するママの会@ちば」など、県内の各団体のあいさつも続き、文字通り「市民と野党の共闘」で、オスプレイの暫定配備をはね返そうという熱気がみなぎりました。
画像
   写真   自由党の青木愛参議院議員
 重大事故を繰り返している欠陥機オスプレイが、木更津を中心として、千葉県の、首都圏の空を飛び回ることを認めるわけにはいきません。各政党や団体の代表のあいさつでも、このことが繰り返されました。
画像
   写真   ともにたたかう決意を表明する「ママの会」の宮本さん
 花見川区から参加の私たちを含め、陽射しを避けて木陰に陣取っている参加者も目立ちました。家族連れでの参加者もいます。(教え子のN君一家です)
画像
   写真   N君一家。う〜ん、子どもは可愛い!
 「今日の参加者は、2000人を超えました」と、主催者が発表すると、「ウォー」という歓声と拍手が沸き起こりました。
画像

画像
   写真   花見川区から参加したメンバー
 3時、パレードの出発です。予想を上回る長い長い隊列になりました。おそらく、木更津では、過去最大の集会とパレードになったのではないでしょうか。沿道からの声援を力に、たらたらと流れる汗を励みともして、木更津駅までを歩き通しました。
画像

画像
   
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる