アクセスカウンタ

小松実のひとりごと

プロフィール

ブログ名
小松実のひとりごと
ブログ紹介
日本共産党元千葉県議会議員 小松実




zoom RSS

学生時代のサークル仲間・Nの通夜

2017/06/19 22:42
17.06.19


 学生時代のサークル仲間、Nがとうとう逝ってしまいました。今夜、10人ほどの仲間とともに通夜に参列してきました。
画像

 4月16日付のブログに見舞いの記事を書きましたが、その後、2度ほど見舞いに行きました。最後は、今月の8日で、その時は、痛み止めのモルヒネのためにほとんど眠っている状態でした。

 やはり同じサークル仲間だった夫人のYが「ほら、坂下くん(私の旧姓)が来たよ」と呼び掛けると、わかったのかどうか、薄目を開けて左手を上げました。その手を握りしめたものの、どう声を掛けたらいいかわからないまま黙っていました。

 しばらく夫人のYと話をして、帰るときに再び夫人が声をかけると、今度は少しだけ手を動かします。その手を握って「じゃあ、帰るぞ。またな。」と言ったのが最後になりました。

 通夜の後、仲間たちとともにNの顔を見ました。病院にいる時よりも、よほど安らかな顔をしていました。

 明日は告別式です。「お骨、拾ってあげてよ」という夫人の言葉に従って、最後まで付き合おうと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


花見川区日本共産党の第22回総会

2017/06/18 17:38
17.06.17

 花見川区日本共産党後援会の第22回総会が開かれました。
画像

 伊藤二悦後援会長のあいさつに続いて、日本共産党中部地区委員会の小倉忠平委員長が情勢報告を兼ねてごあいさつ。小倉委委員長は、自民・公明などによる「共謀罪」強行に触れ、野党連合の動きも加速しているとして、「戦争法」「秘密保護法」と併せ、これらを廃止する政治の実現を、当面、目前の東京都議選での勝利を、と訴えました。
画像

 続いて、上野ひろつぐ衆院千葉二区予定候補が紹介され、政治転換の先頭に立つ決意を表明しました。
画像

 続いて、議事に入りましたが、さすが進化する花見川区後援会。今日は、阪田事務局長がパワーポイントを使っての報告です。もっとも、始まるまでにだいぶ手間取って、来賓の上野ひろつぐ予定候補までがお手伝いするというハプニング付きでした。
画像
画像


 報告が無事終わって、各単位後援会からの報告。こてはし台、花園はすの会、西小中台地域の泉の会、幕張北後援会、花見川団地のきさらぎ会などか、それぞれ活動や抱えている問題点、今後の抱負などについて語りました。
画像

 途中、他の行事から駆けつけた寺尾さとし県議、中村きみえ市議、盛田真弓市議からごあいさつがありました。
画像
画像
画像


 「共謀罪」は、強行されたものの、追い詰められた安倍政権とその与党等による議会制民主主義のルールを踏みにじったやり方、誰の声にも耳を傾けない独裁的な政治に、国民はいっそうの不信、危機感を募らせています。その世論としっかり結んで、野党共闘を必ず成功させなければなりません。当面、東京都議選に何としても勝ち抜かなければなりません。

 役員体制を確認し、最後にみんなで、ガンバロウを三唱して閉会しました。
画像
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「共謀罪」も「戦争法」も廃止する政府を作ろう!

2017/06/15 19:30
17.06.15

 今朝7時46分、安倍内閣と自民、公明、日本維新の会などによって、日本の民主主義を圧殺する「共謀罪」が強行採決された。参院ではわずか17時間50分しか審議していない。しかも、審議すればするほど、問題点が次々に広がっていた。その審議を途中で打ち切り、委員会採決も省略し、「中間報告」などという禁じ手を使って、つまり議会制民主主義を真っ向から踏みにじるファッショ的手法を使って強行した。とうてい民主主義を標榜する国、その国会とは思えない、信じられないような光景だ。

 今日、日本共産党花見川区委員会は、この暴挙に厳しく抗議し、安倍独裁政権・安倍ファッショ政権を打倒し、「共謀罪」廃止を勝ち取るために、上野ひろつぐ衆議院千葉二区予定候補を先頭に街頭宣伝を行いました。寺尾さとし県議、中村きみえ市議、さらには先の千葉市長選挙をたたかった大野たかしさんも飛び入りで訴えた。
画像

 参議院での答弁では、人権団体であろうと環境保護団体であろうと、警察・捜査当局が組織的犯罪集団と認定したら、その組織の成員が処罰対象になることが明らかになった。組織の構成員でなくても、その組織の周辺にいたというだけで処罰対象になるとも答弁した。いずれも警察・捜査当局の判断一つだ。国民が「お上」に逆らうようなことはできなくなる。「お上」に逆らうような集団や運動にはうっかり近づけなくなる。国民を委縮させるには十分すぎるほどの効果がある。
画像

 277の対象犯罪には、「組織的威力業務妨害罪」も入っている。市民団体でも労働組合でも、その願い実現のための行動を「威力業務妨害」と認定すれば、一網打尽にできるわけだ。それらの団体の「計画」を察知するためには、「内心・考え」を監視しなければならず、成員やその家族・友人・知人の電話やメール、つまり「私信」はすべてチェックされるようになる。この国が、監視社会になる。しかし救われる方法がある。「密告」だ。「密告」をすれば、「密告」した本人は処罰の対象でなくなるか、罪が軽減される。この国が、密告社会になる。
画像

 私たちは、2017年6月15日を忘れない。そして、たたかい続ける。安倍政権を打倒し、「共謀罪」のみならず、「戦争法」も「特定秘密保護法」も、つまり「戦争する国」のための悪法を必ず廃止する。それを、憲法12条が私たちに求めている。
画像

 安倍政権が、こんな無法な形で悪法を通さざるを得なかったことは、彼らがいかに追い詰められているかを改めて証明することになった。国民のたたかい・世論が安倍政権をここまで追い詰めてきた。この暴挙が、安倍政権の崩壊をさらに早めることになるのは、目に見えている。墓穴を掘る安倍政権への弔鐘が鳴り始めている。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


亡国の悪法「共謀罪」の強行採決を許すな!

2017/06/14 20:58
17.06.14

 自民・公明等の政府与党は、「共謀罪」の委員会採決を省略し、中間報告とやらで本会議での採決を狙っているとか。民主主義も国会のルールも踏みにじってのファッショ的暴挙以外の何ものでもない。時代を逆行させる狂気の暴走を断じて許してはならない。野党は、連携して徹底して抵抗してほしい。

 日本共産党花見川区委員会は、明日、衆議院千葉二区予定候補の上野ひろつぐさんを先頭に、共謀罪廃案・憲法9条守れの街頭演説を行います。午後4時から幕張のイトーヨーカドー前、4時50分から新検見川駅北口のバスロータリー、5時40分からはコープ花見川店前です。ぜひ、ご参集ください。
画像


画像
 また、「戦争法廃止!花見川区民の会」でも、19日、JR幕張駅南口でスタンディングアピールを行います。午後5時30分から6時30分です。ぜひ、ご参加をお願いします。

 虚構の多数に驕る安倍政権がこの国の形を壊すのを黙って見過ごすことはできません。この暴走を止めるには、目前の都議選・次の衆議院選で、自民・公明、その補完勢力に歴史的審判を加える必要があります。そして彼らが最も恐れる日本共産党を大きく前進させていただくことです。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「共謀罪を廃案に!安倍改憲NO!市民集会」に5200人

2017/06/13 23:48
17.06.13

 日比谷野音で開かれた「共謀罪を廃案に!安倍改憲NO!6.13市民集会」(主催、共謀罪NO!実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり実行委員会)に参加してきました。時折、雨が落ちてくる悪天候のなか、会場に入りきれず、会場外で参加した人も含めて5200人が、共謀罪許すなの一点で共同の声をあげ、廃案までたたかいぬく決意を固めあいました。
画像

 集会はまず「共謀罪NO!実行委員会」の海渡雄一さんの主催者挨拶で始まりました。 壇上にはすでに、ずらりと各党の国会議員が並んでいます。
画像
   写真   主催者挨拶をする海渡雄一さん
 国会議員のあいさつのトップは、民進党の蓮舫代表。続いて、日本共産党志位和夫委員長、自由党の山本太郎共同代表、社民党福島瑞穂副党首と、いずれも各党の代表クラス。
画像
   写真   民進党蓮舫代表
画像
   写真   日本共産党志位和夫委員長。志位和夫委員長の紹介に、プラカードを掲げて応える日本共産党の議員のみなさん
画像
   写真   自由党山本太郎共同代表
画像
   写真   社民党福島瑞穂副党首

 志位和夫委員長は、共謀罪の問題点を簡潔に指摘し、沖縄のたたかいに学び、勝利するためには諦めないことだと強調。金田法務大臣が、治安維持法について問われ「適法に制定され、勾留・拘禁・刑の執行も適法だった」と答弁したことに触れ、小林多喜二や哲学者の三木清など、多くの人々が虐殺され獄死させられたが、あの虐殺も適法だったというのか、と怒りを込めて告発しました。
画像

 続くゲストからのあいさつでは、高山佳奈子京都大学教授や労働弁護団、日弁連や日本ペンクラブ等の各代表が、それぞれ共謀罪廃案へ向けての決意を語りました。
画像
   写真   あいさつする日本ペンクラブの吉岡忍専務理事(ノンフィクション作家)
 最後に、福山真劫さんが行動提起。明日も明後日も、その次の日も、国会を包囲し、廃案へと追い込んでいこうと力強く訴えました。
画像
   写真   行動提起する福山真劫さん(戦争させない1000人委員会)
 デモ行進は、いつものように銀座を歩き、東京駅近くまで。沿道から初老のサラリーマンが大きく拍手していたのが印象的でした。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


盛況・爆笑、第9回「まぁぶる寄席」

2017/06/11 20:17
17.06.11


 花見川区日本共産党後援会主催の第9回「まぁぶる寄席」。後援会行事として、すっかり定着した感じで、今日も、ほぼ満席の64人のお客さんで、大盛況でした。

 午後2時開演。まずは、席亭として私が開会のごあいさつ。続いて、伊藤二悦後援会長、寺尾さとし県議がご挨拶しました。
画像

画像
   写真   あいさつする伊藤二悦後援会長
画像
   写真   あいさつする寺尾さとし県議

 幕開けは、河内家るぱんさん。新作の名手ですが、今日は古典の「天災」。喧嘩っ早い八五郎。ご隠居に紹介されて、偉い心学の先生の所へ。「何もない原っぱの真ん中で、大雨にあったら、あんた誰を相手に喧嘩する?何事も『天災』と思えば堪忍することができる」と聞いて、家へ帰ると隣でたいへんな喧嘩。先のおかみさんが出て行ったあと、別の女を引っ張り込んでいるところへ、腹を立てた先のかみさんが戻ってきてもめている。八五郎、さっそく先生に聞いた話を隣の吉兵衛に語ってみるが、「奈良の堪忍、駿河堪忍」という調子で訳が分からない。「原っぱの真ん中で、大雨にあってびしょぬれになったらどうする?天災だろう」というと吉兵衛「なに、天災じゃねぇ、先妻だ。」がオチ。軽妙な語りとテンポがさすがでした。
画像
   写真   ひげを生やした河内家るぱんさん「決して怪しいものではございません」と。
 続いて登場の三遊亭改め百楽庵金一さん。まぁぶる寄席の生みの親でもあります。まずは得意のまくらで、大爆笑。今日の演目は「湯屋番」。とにかく、お色気のある話は抜群です。ぐうたらな若旦那、少しは働けと湯屋を紹介されて、うまい具合に番台に座るが、肝心の女湯には誰もいない。そこで若旦那の勝手な妄想が始まります。客席から「絶好調!」との声が聞こえました。
画像
   写真   三遊亭改め百楽庵金一さん。「百まで楽しもうかと思って」とのこと。
画像


 中入り前は、おなじみになった「るぅきく」(ルパンさんと菊之助さん)の漫才。いつもの黄色いスーツから、今日は南国風の赤いアロハ。「今日ものどの調子が悪いので、葛根湯を持っている」と振っておいて、政治ネタ。自民党も民主党も当てにならない、「だから私は・・・」「だから私は・・・」と気を持たせておいて、やおら胸から取り出し「葛根湯」だって。
画像
   写真   着物も似合うが、赤いアロハが妙に似合っている「るぅきく」の二人
 中入り後は、初お目見えの女流、ぽんぽん亭遊月さん。「ももりん」という、実はゆるキャラのお噺。どこかの市がつくったゆるキャラ「ももりん」が大人気に。今日は「ももりん」のイベントを見ようと市役所をぐるりとファンが囲んで待っています。ふと、市長が「ももりん」を被ってみると、ジッパーが噛んで脱げなくなって・・・。噺のなかの観客と会場が一体になって、遊月さんと一緒に手拍子を打ちながら、「も・も・りん、も・も・りん」と何度も唱和。終わってから遊月さん、「こんなノリのいいお客さんは初めてです。」と興奮気味に語っていました。
画像
   写真   会場を巻き込んでの熱演、ぽんぽん亭遊月さん   
 今日のトリは、上方落語の正統派・久寿里菊之助さん。演目は「崇徳院」。どこかのお嬢さんに一目ぼれした若旦那が恋煩いに。手掛かりは、「瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても末に逢わむとぞ思ふ」いとう崇徳院の歌。くたくたヨレヨレれになって相手を探し、最後に床屋で、ようやく相手のお嬢さんの関係者に出会います。向こうでも、お嬢さんが恋煩い。若旦那を探していました。二人がお互いに、お互いを離すまいともめているうちに床屋の鏡が割れてしまいます。怒る床屋に向かって「割れても末に買わんとぞ思う」がオチ。菊之助さんが、そのオチを言おうとしたそのとき、客席から「われても末に逢わんとぞ思ふ」と、先に一声。菊之助さん、失礼しましたね。
画像
   写真   たっぷり丁寧に「崇徳院」を語る久寿里菊之助さん
  「とにかく、ここのお客さんはやりやすい」出演者のみなさんにそう言ってもらえるのは、うれしい限りです。第10回は、12月です。今回見逃した方、ぜひお運びください。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


「憲法違反の共謀罪は許されない!千葉県民集会」に850人

2017/06/10 19:32
17.06.10


 千葉市の中央公園で開かれた「憲法違反の共謀罪は許されない!千葉県民集会」に参加してきました。
画像

 土居太郎弁護士の司会で、まず、主催者を代表して集会実行委員長の藤野善夫弁護士があいさつ。弁護士らしく、法案の問題点を諄々と解き明かし、なんとしても廃案へと心からの訴えでした。
画像

 続いて、各党からのあいさつ。日本共産党は斎藤和子衆議院議員。金田法務大臣のあまりの答弁能力のなさを政府も自覚しているのでしょう。金田氏に答弁させないように周りが抑えていると、国会の様子を生々しく報告。国政の私物化、加計学園問題で追い詰められている安倍政権の実態にも触れながら、憲法違反の共謀罪をなんとしても廃案に、と気迫の訴えでした。
画像

 続いて、市民ネットワークの山本友子県議、新社会党の石井副委員長が連帯のあいさつ。民進党・田島要衆議院議員、社民党千葉県連代表・小宮清子県議のメッセージが読み上げられました。
画像
   写真   あいさつする市民ネットワークの山本友子県議
画像
   写真   あいさつする新社会党石井副委員長

 参加団体を代表して、千葉労連、新日本婦人の会、民主青年同盟からそれぞれあいさつがあったあと、集会アピールが読み上げられ、大きな拍手で採択されました。
画像
   写真   新日本婦人の会の訴え
 アピールは共謀罪が「戦前の治安維持法ときわめて類似してい」るとして「政府の意向に反する思想を持つ人々は、国体を変革する等の協議をしていたとされ、治安維持法により逮捕、処罰及び拷問をされました。」「治安維持法がこのような使い方をされたのは、処罰のための要件が極めてあいまいであったから」であり、同様に要件があいまいな共謀罪法案は「日常的行為が対象となりえ、一般市民も捜査の対象となり」「濫用され弾圧に用いられる危険性があります。」と述べ、過去3度廃案となった共謀罪を今回も反案に追い込もうと訴えています。
画像

 集会後は、市内をパレード。各団体ののぼりや会場で配られたプラカードをかかげ、共謀罪廃案を訴えました。沿道から、拍手をする女性の姿もあり、大いに励まされました。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる