小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩父困民党の足跡を訪ねて――国民救援会と国賠同盟の歴史探訪の旅

<<   作成日時 : 2018/05/08 22:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

18.05.08

 昨日と今日、国民救援会と治安維持法犠牲者国賠同盟の両千葉県本部主催の第21回歴史探訪の旅に参加してきました。今回のテーマは、「秩父事件」(1884年)。まゆ・生糸の暴落、高利貸しの法外な利息と高い税に苦しめられた農民たち「秩父困民党」の決起の場となった「椋神社」や大宮郷(現在の秩父市)の郡役所占拠に繰り出した「音楽寺」などの史跡を訪ねるとともに富弘美術館も見学しました。参加するにあたって、若い頃に読んだ「秩父困民党」関連の本を読み直しました。ほとんど忘れていました。
画像

 若干のキャンセルはあったものの50人を超える参加者で、バスも補助席を使う盛況ぶり。早朝6時45分、定刻にスタートしました。予報では、残念ながら2日間とも雨でしたが、スタート時には、幸い傘の必要はなし。

 途中パーキングエリアに寄りながら、一路「秩父事件」の現場へと向かいました。まずは、「音楽寺」です。大宮郷の盆地が一望できる高台。観音堂の脇には、合図に打ち鳴らしたという梵鐘がありました。この鐘の音に鼓舞されるように、農民たちは、郡役所を占拠。一時ではあったものの、天皇制政府の支配の及ばないコミューンを出現させたのでした。参加者たちは、それぞれ思いを込めて梵鐘を打ち鳴らしていました。
画像

画像

 続いて、バスは、2003年に吉田町が復元した井上伝蔵(「困民党」会計長)の邸宅へ。翌2004年、事件120周年を記念してつくられたという映画「草の乱」(神山征二郎監督)の撮影に使われ、今は資料館になっています。
画像

画像 井上伝蔵は、地元下吉田の豪商「丸井」の当主でしたが、深刻な経済不況のなか自由民権思想にふれ、決起の中心になっていきます。映画「草の乱」では、緒方直人が伝蔵を演じていました。映画関連の展示が多いのですが、それでも伝蔵自筆の短冊や貴重な写真が展示されていて、伝蔵の暮らした部屋や店の雰囲気がよく伝わってきました。

 伝蔵は、困民党幹部として死刑判決を受けますが、地元の知人の蔵に2年間も隠れ住み、のちに、北海道にわたり、追及を逃れるために転々としながら、その土地その土地の名士として尊敬を集め、死に臨んで初めて息子たちに自分が井上伝蔵であることを明かします。その話を聞いた地元紙の記者が、いたく感動して連載したのが「秩父颪」。小池喜孝さんの著書は、そこからの命名です。

 昼食後、いよいよ「椋神社」に向かいました。決起前夜、困民党3千人が結集した神社です。本を読んでいると、神社は山深いところにあると勝手に想像していましたが、意外にも盆地のなかに立派な社殿が建っていました。境内には、「秩父事件百年の碑」も。ここに、3千人が命がけで集まったのか、と感慨ひとしおです。「恐れながら、天朝様に敵対するから加勢しろ」風布地域の大野苗吉は、そう叫んで農民たちの決起を促したといいます。そこには、単に高利貸しの無法に対する「一揆」を超えた、まさに「自由自治元年」の旗印に符合する民権思想があったと言わなければなりません。
画像

 それにしても、それだけの困民党軍が結集したとき、「椋神社」の神官(梅村相保)は、何を考え、どう対応していたのだろうか。井出孫六は「秩父困民党群像」のなかで、「ぞくぞくとつめかけてくる農民たちをよそに、梅村相保は固く閉ざした拝殿でひとり深酒に身をひたして剣舞をまっていた」という伝承を紹介している。そして、事前に農民たちの動きを知りうる立場にあった「この神官が、ひそかに農民たちを権力に売り渡すような卑劣な行為と無縁な、潔白な人物であったことだけは事実であったに違いない」と書いています。
画像

 この日の探訪は、ここまで。この日のお宿、磯部温泉「舌切り雀のお宿・磯部ガーデン」へと向かいました。バスが動き出して、まもなく窓に雨粒が流れているのに気づきました。雨の予報は、幸いにも外れて、傘を使うことなく見学を終えることができました。ということで、今日の報告もここまで。あとはまた、後日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秩父困民党の足跡を訪ねて――国民救援会と国賠同盟の歴史探訪の旅 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる