小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 第11回「まぁぶる寄席」(6/10(日))にお運びを!

<<   作成日時 : 2018/05/10 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

18.05.10


 花見川区日本共産党後援会主催の「まぁぶる寄席」が近づいてきました。毎年、6月と12月に開催していますが、早いもので11回目になりました。

画像 きっかけは、偶然の出会いからでした。柳家小三治さんの独演会に出かけた時に、顔見知りにお会いしました。「やあ!」と声をかけると「先生もこんなところに来るんですか?」と顔見知り。「いやー、大好きでしてね。とくに小三治師匠は、『追っかけ』みたいに。」「そうですか。実は、私は自分でもやるんですよ。よかったら、呼んでください。」

 その顔見知りが、百楽庵金一さんでした。県議時代、ずっと続けていた朝の駅頭宣伝。通勤していた金一さんの顔を覚えていたんです。花見川区の畑コミュニティーセンターでも定期的に「花見川寄席」をやっているというので、覗きに行き、度肝を抜かれました。上野の鈴廣亭や浅草演芸場によく出かけますが、そのプロのみなさんに引けを取らない、というより超えている。高座にあがった噺家さんたちは、いずれもすごい実力の持ち主。それが金一さん、めずらしや芝楽さん、久寿里菊之助さんの面々でした。

 早速ということで、後援会の役員さんたちに諮り、障害者が働くレストラン「まぁぶる」を会場に、「まぁぶる寄席」をスタートしたのが、今から5年前の東京都議選の投票日。その都議選で、日本共産党は大躍進。前回衆議院選は残念でしたが、それまで「まぁぶる寄席」とともに、日本共産党は躍進を続けてきました。

 さて、11回目となった今回。出演は、おなじみの百楽庵金一、めずらしや芝楽、久寿里菊之助、河内家るぱんの皆さん方。「るーきく」の漫才も入ります。

 木戸銭は500円。東京まで行かなくても、地元で安くたっぷり楽しめます。6月10日午後2時から。もちろん、後援会員でなくても、花見川区でなくても、落語好きなら、どなたも大歓迎です。ご来場をお待ちしています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第11回「まぁぶる寄席」(6/10(日))にお運びを! 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる