ついに「原発ゼロ」、でも横須賀に軍事用原子炉が

12.05.06



 昨夜、北海道電力の泊原発3号機が定期検査で停止し、「原発ゼロ」が、実現しました。「脱原発」の国民世論が、民主党政権の無謀な再稼働へ向けての暴走を許しませんでした。50基の原発のすべてが停止しても、今日一日、私たちは取り立てて異常な事態を経験することなく過ごしました。この夏の電力需要のピークも、節電と再生可能エネルギーの急速な普及で、乗り切れます。原発は、もういらない、必要ないことがいよいよ明確になりました。

 民生用の原発の運転はすべて止まりましたが、しかし、まだ一つ大きな軍事用原子炉が、東京湾に居座り続けています。横須賀に配備されている米原子力空母ジョージワシントンが運転を続けています。

 この問題で昨日、日本平和委員会が、国内の全原発の発電停止にあたって、改めて、原子力空母の撤去を求める声明を発表しました。声明は「この軍事用原子炉は、日米安保体制のもとで、日本の原子炉規制法の適用を除外されて日本政府の一切の安全審査を免除され、その原子炉にかかわるデータさえ一切明らかにされていない。その原子炉を抱える原子力空母が、首都圏3000万人の住む首都圏の玄関口に配備され、激しい軍事活動が何の制約もなく行われているのである。しかも、この横須賀周辺には活断層が走り、東日本大震災以後、大地震が襲う危険が確実に高まっていると指摘されている。このような地域への原子力空母配備を放置しつづけることは、日本国民の命と安全をないがしろにし、米軍の軍事的要求を最優先する、異常なアメリカいいなり政治の極みである。」と、述べています。

 その通りです。日本中の原発が停止した今、改めて、首都圏の入り口に居座る軍事用原子炉の撤退も勝ち取らなければなりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

人生航路
2012年05月07日 08:51
全原発停止!記念すべき日ですね。関電は呆れた事に、今になって原発再稼働しても夏に予想される不足分電力は補えないと言い出していますが、無責任の極みに思えます。経営効率、産業界への影響がしきりに言われますが、安全第一との整合性は?福島の事故の影響は広がり続けている現状。原発事故発生の経済的損失、住民の生活崩壊!それらと経営効率。我が国政府や電力会社は、どちらを優先させるつもりなんでしょうね?原子力空母問題の根幹は日米安保なんでしょう。日米安保の正体は、アメリカの利益と安全を「日米相互で保障する」そういう性質だと理解しています。不平等条約の見本、アメリカ隷属の契約書と同じじゃないですか。安保破棄→友好条約締結。共産党が主張する、この路線が日本を立て直す唯一の方策だと思いますが…食の自給率低下、雇用問題等。日本が抱える諸問題全ての根源は日米安保→アメリカ隷属があるって思うのですが、どうなんでしょうね?
小松実
2012年05月07日 11:09
人生航路さん、いつもありがとうございます。おかげさまで、新しいパソコンとの付き合いも順調になってきました。おっしゃる通り、日本の政治をゆがめているおおもとに「アメリカ言いなり」がありますね。もう一つが、「財界言いなり」です。どんな問題も突き詰めていくと、必ずこの二つの問題に突き当たりますね。これを打ち破って、「独立自主の平和外交へ」「『国民が主人公』を社会の隅々にまで」という社会を実現するのが、日本共産党の任務だと思います。お力添えを!