消防団員の処遇改善へ一歩か?県が市町村から聞き取り

14.08.27


 今日、県庁議会棟の会議室に、「消防団の充実・強化に関するヒヤリング」(写真)という表示がかかっていました。
画像

 担当課に問い合わせると、昨年12月に国会で全会一致で成立した「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」の整備を受けて、全市町村の担当課を順次集めて、ヒヤリングをすることになっているとのことで、「消防団員の報酬額の改善」や「消防団強化のために、当該自治体への通勤者や大学生も対象にすること」などについて、県から要請したとのことでした。

 私は、去る6月定例県議会の「総務・防災常任委員会」で、この問題を取り上げました。(7月3日付ブログ「ひとりごと」参照http://komatsu3.at.webry.info/201407/article_3.html
画像
   写真    6月定例県議会「総務・防災常任委員会」を報道する「しんぶん赤旗」
 その際、消防団員の出動手当てや年額報酬が、幹部団員以外は、国が自治体に交付している金額を大きく下回っていることを指摘、改善を強く迫りました。また、消防団員からの内部告発を受けて、団運営の民主化の課題も提起させていただきました。

 県は、内部告発の内容については、調査がまとまり次第報告する、としていましたが、未だ報告はありません。市町村担当者からのヒヤリングの内容や内部告発の調査について、改めて、県から報告を受けたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント