千葉県知事選挙に角谷信一さん!「選ぶ会」が記者会見

17.02.14


 3月9日告示、26日投票で、千葉県知事選挙が行われます。この知事選挙に、県立高校の先生で、元千葉県高教組副委員長の角谷信一(すみや しんいち)さんが立候補すると、夕方のNHKニュースが報じました。
画像

 ニュースでは触れていませんでしたが、この間、さまざまな市民団体や個人が、「新しい知事を選ぶ会、ちば」という組織を立ち上げ、基本政策も発表してきました。会の共同代表は、花の谷クリニックの医師・伊藤真美さん、千葉大学名誉教授の木村忠彦さん、ちばレボ(選挙で日本を変えたい市民の会・千葉)の関根由紀世さん、千葉大学名誉教授の三輪定宣さん、未来を決める千葉の会の吉野信次さんという多彩な顔ぶれ。会には他に、「安保関連法に反対するママの会@ちば」「ミナちば」(みんなで千葉から動き出す)「ちばつぶ」(千葉県民呟きメディア)などの団体も参加しています。

 会の基本政策の柱は、①県民のいのちと暮らし、高齢者を大切に!②子育て安心、若者に夢と希望を!③中小企業や農林漁業に光を!④全国4位の「財政力」をあなたの暮らしのために!というもの。(基本政策本体は、相当な分量ですので、とても紹介しきれません。)ニュースで、角谷信一さんも「高齢者・障がい者・病弱者が不安のない千葉県をつくりたい」と、やや緊張した面持ちで、しかし意気高く選挙戦への決意を語っていました。
画像
 「新しい知事を選ぶ会・ちば」では、早速、25日(土)午後1時30分から、千葉市民会館の小ホールで「ちばに新しい春風を!新潟知事選に学ぶつどい」を開くとのこと。「市民連合@新潟」の共同代表で、新潟のママの会代表でもある磯貝潤子さんが新潟の教訓を語ってくれます。新潟県知事選挙では、ご承知のように市民と野党の共闘で、反原発の米山隆一さんが当選しました。共産党・自由党・社民党は、共闘に加わりましたが、民進党の新潟県連は、米山さんを推薦しませんでした。しかし、市民と野党の共闘の大きなうねりのなかで、民進党国会議員が次々と応援に入るという状況が生み出され、勝利につながりました。千葉県知事選挙もぜひ、その教訓に学んで、市民共同の知事を誕生させたいものです。

 とにもかくにも、角谷さん、がんばれ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント