加計学園獣医学部、やっぱり「首相案件」だった

18.04.10


 安倍独裁政権のウソがまた一つ暴露された。加計学園の獣医学部新設に関して、愛媛県や今治市が国家戦略特区の申請をする以前に、内閣府や首相秘書官が「要請内容は総理官邸から聞いている。」「本件は首相案件になっており・・・」などの発言をしていたことが、愛媛県作成の文書に記載されていたというのだ。東京新聞が、今日の朝刊・夕刊で報じている。
画像

 県や市の担当者と加計学園の事務局長らが、内閣府や鑑定を訪ねたのは、2015年4月2日。午前中に内閣府を訪ねた一行は、当時の藤原豊・地方創生推進室次長(特区事業を取り仕切っていた人物)と面会。その際藤原氏は「要請の内容は総理官邸から聞いている」と発言。このことは、官邸側が内閣府に加計学園の獣医学部開設を働き掛けていたことを示している。

 続いて午後、首相官邸を訪問した一行は、今度は柳瀬唯夫首相秘書官と面会。その際、柳瀬氏は「本件は首相案件になっており、内閣府の藤原次長のヒヤリングを受ける形で進めてほしい。」と語ったとされる。同時に柳瀬氏は、構造改革特区より安倍首相が創設し、安倍首相自身が事業を決定する諮問会議の議長を務める国家戦略特区のほうで申請するようにアドバイス。さらに、学部新設に反対している「獣医師会との真っ向勝負にならないよう、既存の獣医学部と異なる特徴を書き込んでほしい」と助言。「公務員獣医師や産業獣医師の養成」など、具体例も挙げた。2ヶ月後の学園側の申請書には、その通りに記載されていた。
画像

 だとすると、加計学園の獣医学部は、最初から「総理官邸主導」の「首相案件」ということになる。まさに、お友達優遇政治、権力の私物化以外の何ものでもない。

 にもかかわらず安倍首相は昨年、加計学園の新設計画を知った時期を国会で問われて「(加計学園が国家戦略特区の事業者に決まった)17年1月20日」と答えていた。顔色一つ変えずに、平気でうそを言えることは、この人物の異常な特徴の一つかもしれない。

 森友問題での公文書改ざん、「働き方改革」でのデータねつ造、イラク派兵や南スーダンへ派兵の「日報」隠蔽等々、安倍政権のウソにウソを重ねて国民と国会を騙すやり口は、とどまるところを知らない。政治と行政への信頼を、これほど壊した内閣も他にないだろう。

 そんな人物が、憲法9条まで壊そうという。とんでもないことだ。我々は、一日も早く、この暗愚で危険な人物を権力の座から引き下ろさなければならない。後世の人びとから、あなた方は、あの時代の日本人は、いったい何を考えていたのか、などと指さされることのないように、奮闘しなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント