安倍首相よ、いつまで虚言遁辞を繰り返すのか

18.05.22

 愛媛県が、「加計学園」の獣医学部新設をめぐる官邸や学園などとの面会記録を国会に提出した。これは、参院予算委員長が国政調査権に基づき、県に要請していたもの。信憑性が極めて高い公的記録だ。
画像
記録によると、加計孝太郎氏は安倍首相と2015年2月25日に15分ほど面会。その際、加計氏は「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明」し、安倍首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね。」と答えたという。

 安倍首相は、加計学園の獣医学部新設を知ったのは、新設が決定された昨年(2017年)1月20日だったと国会で答弁し、その後一貫して、加計氏が獣医学部新設の意向を持っていたことさえ知らなかったとしてきた。

 これらの国会答弁が、国会と国民を騙す虚偽答弁だった疑いが濃厚になった。にもかかわらず首相は、「官邸の記録では、確認できなかった」と、未だに加計氏との面会の事実を認めようとしていない。いったい、どこまで虚言と遁辞を繰り返すのか。国のトップとして、いや人として恥ずかしくないのか。

 日本共産党の小池晃書記局長は「いよいよ加計孝太郎氏、柳瀬唯夫氏の証人喚問と中村時広愛媛県知事の参考人招致が必要だ」と会見で述べた。当然すぎる要求だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント