50年来の仲間たちとともに伊豆へ

18.07.28


 25日から今日まで、学生時代のサークル仲間たちとともに伊豆でのんびりしてきました。仲間の一人が、何人かでシェアしている別荘を持っていて、そこへ10人ほどが集まりました。
画像

 到着後、しばらくして夜の宴会の買い出しに。女性陣に加えて、私が荷物持ちとして派遣されることになりました。

 地の魚をはじめとする酒の肴はもちろん、ビールや焼酎などをしこたま買い込みました。日本酒やワインは、みんなの手土産がたっぷりありました。帰ったら、準備が整うのも待ちきれずに早速始まってしまいました。
画像

画像

 昨年、一足先に逝ってしまった仲間の遺影まで肴にしながら、ワイワイガヤガヤ、とりとめのない話と大笑いが、文字通り際限なしに続きます。周りは緑と若干の畑。クーラーの必要が全くないほど、涼しい風が吹き抜けていきます。
画像

 別荘といっても、元はペンション。2階には、5部屋ほどの「客室」があり、適当に部屋割りをしました。夜中というより朝方、ふと目覚めると、隣の布団に寝るはずだったHの姿がありません。布団は、敷いた時のままです。やがて、すっかり夜が明けたころになってHが部屋に入ってきて、ごろりと横になりました。後で聞くと、ダイニングテーブルに突っ伏したまま眠っていたとのこと。

 翌日、一晩で帰る仲間もいて、帰る前に玄関前で記念撮影。何年か前にも、同じ場所で記念撮影をしていますが、みんな確実に歳を取っています。
画像

 何人かの仲間を見送ったあとは、昨夜の疲れからか、それぞれソファーにぐったり。会話のテンポもかなり落ちています。一日遅れで合流する仲間もいて、それを待つ間、庭木の剪定を始める者もいました。
画像

 午後になって、仕事の都合で一日遅れになった仲間が到着。近くの温泉に行く予定が、まずは「駆けつけ三杯」とばかり始まって、案の定、そのまま飲み続けることに。元ペンションだけに、大きなお風呂があって、それはそれで快適なので、車で出かけるのが億劫になったようです。
画像

 二晩つづけての宴会ですが、やはり近づく台風も気になります。テレビをつけてみると、そう楽観できる状態ではなさそうです。そうこうするうちに、ざあっという音とともに雨。「みんな、窓閉めてきて!」というこの宿の女主人の命で、一斉に動き出します。なんとか、事なきを得て、宴会はそれを機にお開き。

 今日は、台風に追われるように、再会を約して帰路につきました。50年来の仲間たちの、健康と生きがいある日々、幸せを祈るばかりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント