花見川区日本共産党後援会が「秋の親睦バスツアー」

18.11.04

 今日は、「花見川区日本共産党後援会」の「秋の親睦バスツアー」。バス2台に分乗して、九十九里方面に向かいました。

 私たちのバスは、中村きみえ市議の地域の1号車。車中では、さっそく寺尾さとし県議、中村きみえ市議からのご挨拶がありました。
画像
   写真   車中であいさつする寺尾さとし県議
画像
   写真   同じく中村きみえ市議
 最初の訪問地は、茂原の「藻原寺」。「ひめはるの里」が夏の台風の塩害で、花が観られないというので急きょの変更です。実は、ここは中村きみえ市議のご実家の菩提寺です。せっかくの機会でしたから、何人かでお参り。墓地の後背地にある公園を散策しました。
画像

画像

 続いて、今日のメインイベント、昼食・交流の行われる「サンライズ九十九里」へ。参議院千葉選挙区の浅野史子さんもここで合流です。伊藤二悦花見川区後援会長のあいさつに続いて、浅野史子さんをはじめ、来春のいっせい地方選挙をたたかう寺尾さとし県議、中村きみえ市議、もりた真弓市議がそれぞれご挨拶。来年のいっせい地方選挙と参院選勝利の決意を表明しました。
画像

画像
   写真   必勝の決意を述べる浅野史子さん
 食事がある程度進んだところで、交流の後半戦。私も千葉県後援会長でもあることから、ご挨拶。同時に、「九十九里闘争」と呼ばれる、日本最初の米軍基地反対闘争の歴史を語りました。1948年、「サンライズ九十九里」のあるこの地域が、米軍に接収され、「キャンプ片貝」と呼ばれる高射砲の射撃訓練基地とされ、日本有数のイワシ漁の漁場が壊滅状態になりました。漁民・住民の苦境に、日本共産党千葉県委員会と地元の支部(当時は「細胞」といいました)が、立ち上がり実弾射撃訓練の中止と漁業への補償を求めました。日本最初の米軍基地反対闘争が巻き起こったのです。当時はまだ、占領時代。指導的な活動をしたとして9人が逮捕。米軍の軍事裁判で、うち4人が重労働1年の判決を受けました。基地は、1957年に撤去されました。
画像
   写真   報告する小松実
 その後、県議・市議によるフルートの演奏をバックにした歌の披露や景品付きのじゃんけん大会、ビンゴゲーム、振り付けつきの「歌声」などで、会場は大盛り上がりでした。私も「青春」という歌のバックで振り付けをやって、汗をかきました。
画像
   写真   左からフルートで伴奏する中村きみえ市議、歌う寺尾さとし県議、もりた真弓市議
画像

 雨が降り出す中、次に向かったのが「守屋酒造」という造り酒屋。きわめて限られた時間の中で、酒蔵の説明を聞いたり、試飲を楽しんだり、買い物をしたり・・・。「舞桜」という九十九里の地酒の辛口は、ピリッとしてなかなかの味わいでした。
画像
   写真   ほのかに甘い香りが漂う酒蔵で説明を聞く参加者
 お酒や酒粕、甘酒やおつまみ類など、みなさんそれぞれ大量に買い込んでいました。私もお酒2本と酒粕、甘酒を買ってきました。

 帰りの車中は、お昼のビールと酒蔵での試飲に加え、車中で配られたお酒が入って、大賑わい。寺尾さとし県議がスマホでカラオケを流し、中村きみえ市議は、やはりスマホで歌詞を出し、それに合わせてそれぞれ自慢ののどを競いました。花見川区に着く頃には、雨も上がって、楽しい一日が無事終了しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント