「しんぶん赤旗」に福島正信さんの投稿

18.12.02


 先日(11/29)の「しんぶん赤旗」の12面。「山行・ハイキング」欄に、福島正信さんの「安達太良山と磐梯山」の投稿が掲載されていました。

 福島さんとは、昨年、スイス・アルプスの旅行でご一緒して、実に楽しい時間を過ごさせていただきました。(どちらも夫婦での参加でした。)その際に、福島さんが、田島一さんの「時の行路」三部作(「時の行路」「続・時の行路」「争議生活者」)の主人公の一人、「福武昌弘」のモデルだと知りました。
画像

 「時の行路」は、大手自動車メーカーの派遣切りの現実とそれとのたたかい、連帯と希望を描く大作で、「しんぶん赤旗」に連載されていたものです。(私は、新聞連載は読まないので、スイス旅行の際は知りませんでした。)福武昌弘は、一人、工場の門前に立って職場新聞の配布を続ける労働者です。そんな福武に信頼を寄せ、密かに福武を頼って相談や訴えを寄せる労働者はあとを絶ちません。

 その福武こと、福島さんは、「不屈の闘士」というよりは、限りない優しさを湛えた愛の人という感じで、その後、小説の舞台でもある藤沢市で田島一さんの講演会が行なわれたときには、勇んで出かけていき、福島さんや奥さんと久闊を叙すということもありました。

 福島さんは、案外筆まめで、時々「しんぶん赤旗」の投稿欄に登場します。その度に、控えめなメールで知らせてくれます。新聞に載った小さな写真を見て、忙しいなか時間を見つけて山登りをする元気そうな姿に励まされました。

 「時の行路」は、映画化に向けて準備が進んでいるようです。早い完成を祈ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント