小松実のひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪12区・沖縄3区の補選、21日を歴史が動く日に!

<<   作成日時 : 2019/04/15 18:01   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

19.04.15


 統一地方選挙の後半戦と同じ21日投票でたたかわれている衆議院大阪12区と沖縄3区の補欠選挙。
画像
 大阪3区は、日本共産党の宮本たけしさんが、「市民と野党の共同で安倍政治さよならの審判を」と、衆議院議員の現職を投げうって、無所属で立候補しました。第一声では、日本共産党の山下芳生副委員長をはじめ、立憲民主党の村上史好衆議院議員、国民民主党の小熊慎司衆議院議員、自由党の渡辺義彦大阪府連代表、社民党の服部良一府連代表らが応援に駆け付けました。

 8日夜には、宮本事務所に自由党の小沢一郎代表も激励に駆けつけ、「宮本さんの決断を聞いたときは感動した。心から敬意を表したい。野党統一候補としてたたかう意味でも皆さんで応援して何としても勝利を勝ち取りましょう」と訴えたといいます。
画像
 14日付「しんぶん赤旗・日曜版」には、元・文部科学事務次官の前川喜平さんが登場。宮本さんについて「私の信頼し尊敬する政治家です。人格は誠実かつ穏健で、何事にも正面から立ち向かう政治家です。」と評価。「森友疑惑の追及については、他の人には見られない鋭さがありました。今後とも衆議院で活躍していただきたい」と、心からの応援の弁を述べています。
画像
 同じ紙面では、「市民と野党の共闘」を一貫して支えてきた法政大学教授の山口二郎さんも、「宮本岳志さんの無所属での出馬は、日本の民主主義勢力の大結集に向けた捨て身の挑戦だと、深い感動を覚えました。市民と野党の共闘に対する共産党の本気度も半端ではありません。」と、民主主義を守りたいと願う人々の総結集を訴えています。
画像
 作家の室井佑月さんは、「本気で安倍政権を倒そうと思うなら、やるべきことは決まっています。野党がまとまり、対立軸を明確にして自民党とたたかうことです。」ときっぱり。宮本さんは、「国会に絶対必要な人」「そんな人がバッジを捨てる覚悟で一肌脱いだのはすごい。」と、野党共闘の一気の加速に期待を込めます。

 同時にたたかわれている沖縄3区では、辺野古への米軍進基地建設反対の「オール沖縄」から、フリージャーナリストのヤラともひろさんが立候補し、たたかっています。
画像
 昨年の知事選に玉城デニー知事が立候補したことに伴う選挙。県民投票で示された民意を実現し、沖縄と日本に民主主義と地方自治を取り戻す選挙です。対抗馬の島尻候補は、公約を破って新基地建設推進の立場に転向し、以来、政府の一員として反対運動を敵視してきた人物。負けるわけにはいきません。

 保守。中道会派の議員でつくる「にぬふぁぶし名護」の比嘉勝彦名護市議は、「相手候補は、新基地建設を容認し、政府とのパイプ役だと押し出しています。そのパイプを使ってもたらされるのは、政府の新基地建設の押し付けです。」と批判。「ヤラさんの勝利を勝ち取るために力を尽くしたい。」と決意を表明しています。

 がんばれ!宮本たけしさん!がんばれ!ヤラともひろさん!そしてガンバロー!市民と野党の共闘!21日を、日本の政治が動く日にしよう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪12区・沖縄3区の補選、21日を歴史が動く日に! 小松実のひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる