千葉選挙区、野党2議席にあと一歩

19.07.13


 今日、千葉県市民連合のニュースが送られてきました。

 残る1週間、野党2議席確保のためにがんばろう、ということで、各メディアの世論調査結果が掲載されています。
DSC02212 (2).JPG
 それによれば、定数3のうち、立憲民主党の長浜博行候補、自民党の石井準一候補は、各紙とも「優勢」「安定」「優位」の評価。

 残る1議席を自民党の豊田候補と日本共産党の浅野ふみ子候補が競り合うという状況で、各紙の評価は、「横一線」(毎日)、「激しく競る」(共同通信)、「接戦」(産経)。朝日は、豊田候補が「リード」浅野ふみ子候補が「懸命に追う」というものです。

 千葉選挙区で、野党が2議席を確保できるかどうかは、浅野ふみ子候補が浮上できるかどうかにかかっています。

 今日、電話で対話した人。「体調、悪くってさぁ。もう今度は投票行かないよ」というので、この世論調査を伝え、安倍政治に終止符を打つためにも、千葉県で野党2議席を、浅野ふみ子を、と訴えました。

 とたんに、声のトーンが変わりました。「ほんとかよ。それなら頑張らなくっちゃな。4~5人は、大丈夫だよ。声をかけるよ。」と。

 安倍政治を終わらせたい、そう思っていても、あきらめてしまっている人が、まだまだいるかもしれません。年金・くらし・社会保障、そして憲法。私たちのこれからが、この国の未来がかかった歴史的なたたかいも、あと1週間。声掛けが急務です。