はたの君枝衆議院議員が幕張で訴え

19.07.17


 幕張のイトーヨーカドー前で畑野君枝衆議院議員が演説をするというので、出かけました。

 予定の時間が変更になったらしく、だいぶ早めに着いたので、ヨーカドーのなかの本屋さんで文庫本を一冊仕入れて待っていると、「小松さーん」という声。見ると、畑野君枝衆議院議員が車の中から、手招きをしています。恐れ多いことに、隣に乗り込み、宣伝カーの到着を待ちました。

 間もなく、比例代表候補のしいばかずゆきさんの宣伝カーが到着。地元の中村きみえ市議が、助手席から手を振っています。
DSC02375 (2).JPG
 地元の方々も集まってきて、パネルを持ったり、チラシまきをしたり、態勢が整って、まずは中村きみえ市議の訴えです。

 市立海浜病院の存続問題が、1万筆を超える署名で、どうにか存続の方向が見えてきたが、病院減らしは、安倍政権の政策。住民の命と健康を守るためにも、今度の選挙で安倍政権与党に審判をと力を込めます。また、幕張メッセでの武器見本市にふれ、日本共産党の躍進で、「戦争する国」づくりにストップをと訴えました。
DSC02381 (2).JPG
 続いて、畑野君枝衆議院議員。まずは年金問題から。国会論戦の様子なども伝えながら、さらにこれから「マクロ経済スライド」で7兆円もの削減が行われようとしていると、安倍政権を告発。「減らない年金」にする日本共産党の財源提案を丁寧に説明しました。
DSC02384 (2).JPG
 さらに、10月からの消費税増税を何としてもストップしよう、いま必要なのは、国民の家計を温めて、消費を元気にすることだと、日本共産党の「暮らしに希望を――三つのプラン」を具体的に提起。「8時間働けば、ふつうに暮らせる社会を」「安心の社会保障を」「お金の心配なく学び、子育てができる日本に」と訴え、消費税に頼らない別の道=財源策を示します。
DSC02386 (2).JPG
 最後に、改憲問題。中村きみえ市議の武器見本市の話を取り入れながら、「戦争する国」づくりのための9条改憲にストップをかけるためにも、日本共産党の前進をと訴えました。
DSC02390 (2).JPG
 演説が終わると、足を止めた買い物客や集まってきた聴衆のみなさんに握手をして回ります。

 現状では、比例代表の現有5議席確保もおぼつかない状況だと、志位さん、小池さんの連名の訴えも出ました。残り三日、比例代表での前進あってこその選挙区の勝利。頑張りたいと思います。