治安維持法犠牲者国賠同盟千葉県本部が第46回総会

19.09.27

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部の第46回総会が今日、開かれました。

 七里一司副会長の開会のあいさつのあと、議長団が選出され、私が会長あいさつを行いました。
DSC02775 (2).JPG 写真  開会のあいさつをする七里一司副会長
 あいさつでは、台風15号の深刻な被害と被災者への支援活動にふれたあと、「治安維持法犠牲者への国の謝罪と賠償をかちとること」「弾圧に屈せずたたかい続けた先人たちの足跡の発掘と顕彰」という同盟の二つの運動目標、そのための「組織拡大」「請願署名運動」「先人たちの足跡の発掘と学習」「財政の確立」という4つの活動の基本を確認。
DSC02787 (2).JPG 写真  会長あいさつをする小松実
 その視点から、この1年の県本部の活動を振り返りました。会員拡大では、400名を超えて、全国的にも注目されてきたこと。さらに、大きな組織をめざしたいということ。国会請願署名は、いっせい地方選挙とも重なって不十分だったので、来年は大きく前進させたいということ。顕彰活動では、玉川寛治さんの「飯島喜美の不屈の青春」出版や「渡辺政之輔」のブックレットが近く出版の運びとなることなど、気を吐いてきたこと。財政も、まだまだ不十分ながら、見通しが立ってきたこと、などを報告し、さらに今後は、これらの活動とともに、「市民と野党の共闘」の一翼を担える同盟へと発展させていきたいと訴え、最後に11月4日の「飯島喜美の不屈の青春」出版記念講演会への協力をお願いして結びました。
DSC02791 (2).JPG 写真  来賓あいさつをする日本共産党の大西航千葉県委員会常任委員
 その後、来賓として、日本共産党を代表して千葉県常任委員の大西航さん、兄弟組織の国民救援会千葉県本部の鷲尾清会長からごあいさつをいただきました。
DSC02794 (2).JPG 写真  同じく来賓あいさつをする国民救援会千葉県本部の鷲尾清会長
 続いて、中村日出丸事務局長が、活動報告と運動方針案の提案と会計報告を行いました。

 休憩後の討論では、まず市川・浦安支部の高橋タツ子さんが、女性部の活動を中心に報告。藤田廣登さんからは、「飯島喜美の不屈の青春」普及の状況と増刷の提案、いよいよ完成に近づいた渡辺政之輔のブックレットの説明、さらには議案にある請願署名の目標数が少なすぎるとの意見がありました。さらに、松戸支部の伊藤さんからは、請願署名の取り組みについて、市川・浦安支部の渋谷さんからは「平和のための戦争展」への取り組み、千葉市支部の寺尾さとしさんからは、台風15号の被災者救援、出足早く始まった請願署名への取り組み、支部活動の要になっている毎月の役員会、今後の課題として若い人たち向けのフィールドワークなどの展望が語られました。同時に、幕張メッセでの「武器見本市」に対する取り組みの報告がありました。
DSC02798 (2).JPG 写真  発言する市川・浦安支部の高橋タツ子さん
DSC02799 (2).JPG 写真  発言する県本部理事の藤田廣登さん
DSC02806.JPG 写真  発言する千葉市支部の寺尾さとし支部長(前県議)
 議案や会計報告の承認の後、新役員の提案があり、私が引き続き会長に選任されました。副会長には七里一司さんに加え、新たに高橋妙子さんが選任され、中村日出丸事務局長に加えて、小松敦さんが事務局次長に選任されました。

 役員体制が充実され、今後の活動にはずみがつきそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント