千葉県日本共産党後援会の第37回総会

19.10.30

 昨日、千葉県日本共産党後援会の第37回総会が開かれました。

 数日前から風邪気味で体調が悪く、この日は熱と頭痛で体を動かすのもつらい状態でしたが、欠席するわけにはいきません。冒頭、会長としてあいさつをしたあとは、座っているだけという状態でした。
DSC03323 (2).JPG   写真   あいさつする小松実
 会長あいさつに続いて、日本共産党千葉県委員会の浮揚幸裕委員長が報告。この間の台風・大雨の連続した災害に対する日本共産党の救援活動などにふれたあと、当面の情勢と任務について報告しました。
DSC03324 (2).JPG   写真   報告する浮揚幸裕千葉県委員長
 続いて、埼玉県の日本共産党後援会事務局長の酒井隆三さんから、埼玉県の先進的な後援会活動について、統一地方選挙や参議院選挙、知事選などで果たした後援会の役割を中心に報告していただきました。酒井さんは、後援会活動を継続・発展させていくうえで大事なこととして、①役員会を定期に開催する。②楽しい行事を少なくとも四季ごとにおこなう。③後援会ニュースを定期に発行し、新しい結びつきを広げていく。④後援会財政を確立する。ことを提起。各地のユニークな後援会の活動を紹介しました。
DSC03326 (2).JPG   写真   報告する埼玉県後援会の酒井隆三事務局長
 後援会の南関東ブロック連絡会では、毎年、「前進座観劇の集い」を実施していますが、その関係で、今回は河原崎國太郎さんがご挨拶に見えました。来年5月の観劇の集いでは、「操り三番叟」「俊寛」「たが屋の金田」の三本立てが予定されています。
DSC03330 (2).JPG   写真   あいさつする前進座の河原崎國太郎さん
 休憩中に、國太郎さんと記念撮影をしていただきました。
DSC03334 (2).JPG   写真   河原崎國太郎を囲んで。右は、小松敦事務局長。
 休憩後、参議院千葉選挙区で奮闘した浅野ふみ子さん、前衆議院議員の斉藤和子さんがごあいさつ。浅野ふみ子さんは、衆議院千葉5区からの立候補を表明しています。参議院での支援のお礼と「今度こそは」の決意を述べました。斉藤和子さんは、衆議員南関東ブロックの比例候補。この間の活動にふれながら、必勝の決意を述べました。
DSC03336 (2).JPG   写真   あいさつする浅野ふみ子さん
DSC03338 (2).JPG   写真   あいさつする斉藤和子さん
 総会議案の提案は、小松敦事務局長。活動報告と方針を簡潔に提案したあと、千葉市の緑区、八千代市、鴨川など各地域後援会からの発言がありました。感心することばかりでしたが、共通していたのは、やはり後援会ニュースを軸にした地道な日常活動ということでしょうか。
DSC03319 (2).JPG   写真   小松敦事務局長
 議案等の採択を終えて、副会長の山田安太郎弁護士が閉会のあいさつをしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント