千葉市日本共産党後援会の「秋の一泊旅行」

19.11.11

 昨日と今日、千葉市日本共産党後援会恒例の「秋の一泊旅行」に参加してきました。バス2台に分乗。まずは、今回の旅行の目玉というべき富岡製糸場へと向かいました。
DSC03399.JPG
 富岡製糸場も国指定史跡となり世界遺産になってから、またずいぶん整備が進んだように思います。それぞれのバスごとに専任の解説員さんがついて、そのご案内で工場内を巡りました。
DSC03408.JPG    写真   国宝の東置繭所
 東置繭書(ひがしおきまゆじょ)や繰糸所(そうしじょ)は、国宝に指定されているというから驚きでした。明治初期の和洋折衷の建物群は、なるほど一見の価値のあるものでした。
DSC03413 (2).JPG   写真  同じく国宝の繰糸所
 その後、近くの龍光寺へ。明治6年から34年の間に、不幸にして亡くなった女工さんたち60人分のお墓があるとのこと。政府の肝いりで設立され、模範工場として施設や勤務条件も良好だったとの説明がありましたが、それでも毎年2~3人の死亡者を出したというのは、どういうことでしょうか。
DSC03423.JPG   写真   工女たちの墓の一部(龍光寺)
 今宵の宿は、伊香保温泉。ひと風呂浴びたあとは、例によって大宴会です。千葉市議団や寺尾さとし前県議に交じって、私も県後援会長として一言、ごあいさつをさせていただきました。
DSC03429 (2).JPG   写真   参加した千葉市議のみなさん。あいさつする野本信正市議団長
DSC03433 (2).JPG   写真   あいさつする寺尾さとし前県議
DSC03437 (2).JPG   写真   あいさつする小松実
 宴会では、わが花見川区の中村きみえ市議と日本共産党小倉忠平中部地区委員長によるフルートのデュエットをはじめ、腹話術や各区の出し物とにぎやか。最後はカラオケです。
DSC03452 (2).JPG
DSC03450.JPG   写真   文化の香り高くフルートのデュエット(左、中村きみえ市議、右が小倉忠平地区委員長)
 寺尾さとし前県議と緑区のかばさわ洋平市議の若い二人のデュエットはさすがでした。もちろん、私の知らない、しかもとても歌えそうにない曲でした。
DSC03474.JPG   写真   寺尾さとし前県議(右)とかばさわ洋平市議
 8時終了予定を30分延長して、宴会はお開き。あとは、それぞれ部屋に帰ってのひざを突き合わせてのミニ宴会。武勇伝もあったようですが、詳細は詳らかならず。

 翌朝、つまり今朝。ひと風呂浴びたあと、寺尾さとし前県議らと、朝もやの石段街を散策。途中、かばさわ洋平市議に遭遇。近くのお店でタオルを調達して足湯に入るとのこと。ご機嫌の一枚を撮りました。
DSC03486 (2).JPG   写真   石段街で。寺尾さとし前県議(右)と小松実
   DSC03490.JPG   写真  朝から足湯でご機嫌なかばさわ洋平市議
 ゆっくり目に宿を立って、水沢観音堂へ。全員で記念撮影をして、お参りをしたあと、円空の一刀彫の仏像を拝むことができました。
DSC03494.JPG
 舞茸センターで、バター焼きの試食をして、舞茸のお茶やみそ汁をいただいて、皆さんたっぷりのお土産を買いこみました。素直ないいお客さんたちでした。

水沢うどんのお昼をいただき、最後は、群馬県埋蔵文化財センターへ。発掘情報館を見学して、帰路につきました。

楽しい時間は、あっという間でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント