野党連合政権へ、私たちも草の根で!

 昨日から、熱海の伊豆学習会館で、日本共産党の第28回党大会が始まりました。18日までの5日間の日程。「綱領の一部改定案」、野党連合政権の実現と新しい政治への展望を切り開く「政治任務」と「党建設の課題」の三つの議案を練り上げ、決定する歴史的大会です。
DSC03907 (2).JPG   写真   15日付、しんぶん赤旗一面
 来賓あいさつでは、立憲民主党の安住淳国対委員長、国民民主党の平野博文幹事長、社民党の吉川元幹事長、沖縄の風の伊波洋一代表、碧水会の嘉田由紀子代表、さらに特別ゲストで中村喜四郎衆議院議員があいさつしました。

 それぞれの個性豊かなあいさつは、しかし、「小異は生かして大同をつくる」(嘉田由紀子代表)立場で野党が力を合わせて安倍政権を打倒しよう、そして新しい政治を実現しよう、立憲主義を取り戻そう、という点で共通していたように思います。

 とりわけ、国民民主党の平野幹事長が、日本共産党の志位和夫委員長の言葉を引用して「一つは、安倍政治が立憲主義を破壊している。二つには、いろんな意味で格差が起こっている。これを解消しないと国民のためにならない。三つには、多様性を認めようということ。(志位さんの指摘する)この三つの大きな柱は、日本の国を変えていくための大きな指針になるのではないか。」と語ったことに、心を動かされました。野党連合政権への共通の立場が示されたように思いました。
DSC03895 (2).JPG   写真   6人の来賓、志位和夫委員長と会場が一体になって「ガンバロー」
 次の総選挙で、是非とも野党は、連合政権構想を示し、安倍政権与党に勝利してほしい。もちろん、草の根で、私たちも頑張ります。

 「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」は、新しい年、「全国市民アクション」から新たに提起された「改憲発議に反対する全国緊急署名」への取り組みをさっそく開始します。19日、午前11時から、幕張のイトーヨーカドー前です。ぜひ、一人でも多くの方にご参加いただければありがたいと思います。昨年末まで頑張った「安倍9条改憲NO!3000万署名」は、1万1千を超えました。改憲勢力があきらめるまで、私たちは決して「あきらめない」。
DSC03904 (2).JPG
 また、「千葉二区市民連合」(習志野市、八千代市、花見川区)では、総選挙勝利、野党連合政権の実現をめざして、講演会を開催します。「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の高田健共同代表を講師に、「腐敗政治の終わりの始まりと市民連合の役割」とのテーマ。習志野市の「プラッツ習志野」を会場に、2月29日(土)午後1:30開場。もちろん無料です。各野党からのあいさつも予定しています。ぜひ、こちらにもお運びいただき、ご一緒に希望ある未来を切り開きましょう。
DSC03906 (2).JPG