「コロナより 五輪・選挙で 感染増」


 都知事選の投票まで、あと一週間。市民と野党共同の候補・宇都宮健児さんへの支援の輪が広がっている。今日の「しんぶん赤旗」の1面も、同時におこなわれる都議補選の日本共産党候補や福島瑞穂社民党党首、小池晃日本共産党書記局長、文科省元事務次官の前川喜平さんらとともに訴える宇都宮健児さんの奮闘を伝えている。
DSC04185 (2).JPG   「しんぶん赤旗」6/28付けの1面

 対する現職の小池都知事は、「政党の推薦は求めない」などと言いつつ、官邸や自民党本部に足繁く通い、とりわけ二階幹事長との蜜月ぶりは、一般メディアでも指摘されている通りだ。
DSC04184 (2).JPG   6/28付け「しんぶん赤旗」2面

 小池都知事は、4年前の選挙公約で「築地は守る」「情報公開は一丁目一番地」などの外、「待機児童ゼロ」や「残業ゼロ」など、「7つのゼロ」を掲げた。しかし、そのほとんどすべてが未達成。とくに「都民が決める。都民と進める」などと、かっこいい公約を掲げながら、都立・公社病院の独立行政法人化反対の声を無視。このコロナ禍のなかでも、その推進姿勢を変えようとはしていない。
DSC04183 (2).JPG   6/28付け「しんぶん赤旗」の4面

 コロナ対策でも、五輪の延期決定まで、対策を取ろうとしなかった。まだ早いとの声がありながら、立候補表明の前日に「東京アラート」なるものを解除して、対策が奏功しているかのように装った。結果、感染者が増えている。コロナ対策は、五輪や選挙の影に追いやられた。しかも、「自粛から自衛へ」などと、あたかも行政の責任を放棄し、住民の自己責任に押し付ける姿勢を露わにした。

 表題の川柳に加え、もう一句。
 「カタカナの あげく「自衛」と 吐く女帝」
 ついでに、狂歌も。
 「公約は 選挙のときの 空手形 居直る女帝に 投票アラート」

 なんとしても、あと一週間、宇都宮健児さんで「暮らし優先・支えあう都政」を実現するために、微力を尽くしたい。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント