市原市・国分寺台地域後援会のトーク集会

 今日は、市原市の日本共産党国分寺台地域後援会にお招きを受けて、1時間弱、お話をしてきた。

 国分寺台地域の後援会は、「国分寺のひろば」という後援会ニュースを2か月に一度発行。千数百の世帯にお届けしているという。コロナで、年末恒例だという「のし餅作り」などの行事は中止せざるを得なかったとのことだが、今日の「ざっくばらんトーク」は、何とか実施にこぎつけたようだ。
DSC04966 (2).JPG   4ページ建ての後援会ニュース、表紙

 地域後援会、市原市後援会のそれぞれ会長さんのご挨拶の後、さっそく講演に入った。「菅政権をどう見るか」「『市民と野党の共闘』の勝利と党の躍進で『安倍・菅政治』からの転換を」「日本共産党の躍進がカギ」という柱でお話をさせてもらった。
DSC04956 (2).JPG   

 最初の菅政権の二つの立場=「安倍政治の継承・発展」と「『自助』で『小さな政府』『個人責任』の強調」、さらには、「早くも露呈した危険な中身」ということで「学術会議会員任命拒否問題」の話で時間を使いすぎて、あとは少し走り気味。言葉足らずの話になったのではないかと、反省しきりだった。
DSC04962 (2).JPG   小松実

 休憩の後は、地元の加藤和夫市議による市政報告。コロナ対策や災害対策、市原市に児童相談所を、など身近で切実な要求を取り上げて奮闘する市議団の姿が報告された。
DSC04965 (2).JPG   市政報告をする加藤和夫市原市議

 演台を飾っていたお花やお菓子、自宅の庭で採れたというゆずなど、お土産をたくさんいただいた。大渋滞で予定の倍以上の時間をかけて帰ってきたが、しばらくすると、主催者の方からお礼の電話が入った。ずいぶん丁寧な対応で恐縮した。

 来月は、同じ市原市の五所という地域で、同じような取り組みがある。今度は、「日本共産党の未来社会論」という、今回とはまったく違うテーマ。せっかくお集まりいただくみなさんに、それなりに満足していただけるようきちんと準備をして臨みたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント