千葉市長選明日告示、大野たかしさんがんばれ!

 いよいよ明日、千葉市長選が告示される。「みんなの会」の大野たかしさんに、なんとしても頑張ってもらいたい。

 知事選に立候補した前市長のもとで、千葉市のくらしや福祉は、大きく削られてきた。子どもの医療費に薬代の負担を新たに導入した。高い国保料は、連続の値上げだ。高齢者祝い金をカットし、心身障がい者手当も減額した。ごみの有料化は、77億円もの負担増になった。
DSC05329 (2).JPG
 前市長が初めて市長選に立候補したときの公約は、「財政再建のために福祉カットはしない」はずだった。「ハコものはやめる」というのも公約だった。

 しかし、競輪場の建て替えに30億円、オーストラリアから白い砂を輸入するなどの稲毛海浜公園の整備に27億円、千葉神社前公園の参道風整備に30億円等々、大型事業への大盤振る舞いは止まらなかった。

 大野たかしさんは、税金の使い方を根本から転換し、「命と暮らし最優先の市政に」
と訴えている。まずは、コロナ禍から市民の命を守り、飲食業や事業者などへの市独自の支援を行うとしている。また、教育や環境を重視し、地域を元気にする施策を訴えている。
DSC05328 (2).JPG
 知事と千葉市長のダブル選挙は、国政にも大きな影響を与える。目に余る政治の私物化と腐敗、9条改憲への執念とアメリカからの高額兵器の爆買い、さらに木更津基地へのオスプレイの配備と整備拠点化。この国の民主主義と平和がいま問われている。

 秋までには行われる衆議院選挙に先駆けて、この千葉から、安倍・菅政権と続く国民不在の政治にNOの審判を突きつけていく絶好のチャンスだ。

 千葉にお知り合いのいる方は、ぜひぜひご支援のお声かけをお願いしたい。明日は、午前10時から、JR千葉駅前で第一声をあげるという。大野たかしさん、がんばれ!