百合子さんのイラスト


 昨日は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部の理事会。今日は、千葉県革新懇の代表世話人会があった。どちらも、間もなく開かれる今年度の総会の準備が中心だった。コロナ禍のなかで、それなりに規模を縮小し、革新懇ではZOOMでの参加を募るなど、工夫しての開催となる。

 さて、会議を終えて帰宅すると、友人の岡田正信さんから書籍の包みが届いていた。岡田正信さんは、映画にもなった田島一さんの小説「時の行路」の主人公の一人。小説の中では、福武昌弘として大企業に敢然と立ち向かう姿が描かれている。

 ある旅行社のツアーで、その岡田さんご夫妻とご一緒したのが縁で、その後、家族ぐるみのお付き合いをさせていただいてきた。しかし、残念なことにこの2月、奥さんの百合子さんがガンのために亡くなられた。川崎の病院にお見舞いに伺ってから、わずか2か月後のことだった。無類の愛妻家だった正信さんの打撃は大きく、ようやく最近になって前向きな活動が始まったように思う。

 開けてみると、「最後の砦 コミュニティーユニオンの闘い」(花伝社、竹之内宏悠)という本だった。著者の竹ノ内さんは、岡田さんご夫妻もかかわってきた全川崎地域労働組合の書記長をされてきた方だというが、その著書のなかに、百合子さんのイラストが載っているのだ。
DSC04448 (2).JPG
 著者のあとがきにこうあった。「岡田さんは若くして癌を患い、その闘病生活の中で合同労組と出会った後は、毎週月曜日、組合事務所の電話当番として詰めてくれていました。
 心優しいご主人の手作りの弁当を持ち、杖を突いて事務所に来られ、労働相談に来られた人にお茶も出してくれていました。
亡くなられる二か月前までそれは続きました。
 合同労組には金もありませんから、無報酬で協力してくれる岡田さんのような人に支えられているというのが実態です。
 彼女が感じ取ったイメージを挿絵として表現してもらいましたが、出版に間に合わず申し訳ないと感じています。」
DSC04445 (2).JPG
 イラストにある弁当は、正信さんの手作りだ。病院に見舞ったときに、その原画を見せてもらった。
DSC04446 (2).JPG
 著書は全6章だが、各章ごとに百合子さんのイラストが入る予定だったそうだが、2枚描いたところで入院となってしまったようだ。百合ちゃん、病室で見せてもらったイラストが本に載ってるよ。よかったねー。「最後の砦 コミュニティーユニオン」じっくり読ませていただくことにする。

西部地区の党学校、船橋教室で「党史」の講義


 日本共産党西部地区の党学校。前回の習志野教室に続いて、今日は船橋教室。「党史」を講義してきた。

 午前9時半から12時半までが講義、午後から質疑と感想を書く時間の予定。しかし案の定、講義は15分伸びて、昼食時間が短くなった。前回も時間が足りなくなって反省したはずなのに、今回はさらに時間配分がうまくいかず、受講者の皆さんにはご迷惑をかけた。何度やっても、なかなか満足する講義にはならない。
DSC04432 (2).JPG
 午後からの質疑を1時間取ってくれた主催者の配慮がありがたかった。いい質問が出て、講義で触れられなかった点を補うことができた。

 受講者の皆さんの感想は、講師の至らなさにもかかわらず、暖かいものだった。抜粋していくつかを紹介する。

 「党史って、こんなにおもしろいものとは思っていませんでした。(小松先生の話がとても良かった)もっと広く対象を広げてやってほしい。」

 「豊富な知識に基づくお話、余談がとても面白くためになりました。講義時間をもっと取って、いろいろお話を伺いたかった。」

 「今日の講義は多面的でわかりやすく、しかも楽しく、今後に活かせる内容でした。」

 「“脱線してばかりで”とおっしゃっていましたが、そんな風には思えませんでした。・・・・質問時間のやり取り、楽しかったです。ありがとうございました。」などなど、まずは講義を楽しんでいただけたようで、ほっとした。
DSC04443 (2).JPG
 また、「小松さん、ありがとうございました。改めて、自分がどんなに誇りある人生を歩んでいるかを確認することができました。」

 「本日の講義、たいへん楽しく受けることができました。今まで学んだことがあったはずなのに、初めて聞いたような気がする個所もいくつもありました。」市民アンケートに日本共産党の名前を変えたほうがいいという好意からの声が多いが、「本日の党史を学ぶと、この名前に誇りをもって日本共産党の良さを伝えていきたいと改めて思いました。」

 「話を聞くといつも元気をもらえる内容で、頑張ろうとなります。現地に行った気になるし、その時代に生きていたように感じてとても楽しい。臨場感がある。日本の政治史をみると、権力政党の相手が常に日本共産党の存在であることがよくわかった。『政治対決の弁証法』の具体的経緯でよく理解できた。共産党を封じ込めるためにいろいろと戦略をとっても、不死鳥のごとくよみがえり、運動を発展させていく。スゴイ、日本共産党。」

 「小松実さんの『楽しい授業』を受けることができて、本当に楽しかったです。・・・・『社研』『平民社』『水平社』『米騒動』『農民組合』などの流れの中で日本共産党が結成されたのですね。戦前・戦後、同じ名前で活動してきた唯一の党、すごいことだなぁと思います。」などなど、党とその歴史への誇り・確信が共有できたようで、ありがたいことだ。

 さらに、「ていねいで細かく、ゆっくりとしたわかりやすい講義でした。しかし、私自身、内容はまだまだこれから学ばなければなりません。」

 「たいへん楽しく学習させていただきました。・・・ただ私自身、党の歴史とは別に、日本史、世界史ともに知識が乏しいため、その時々の時代背景がわかればもっと面白かったのだと思いました。・・・・本日紹介のあった本も、読んでみたいと思いました。」

 「小松さんの革命的楽観主義にみえる党活動は、見習うべきと思いました。・・・・豊富な資料と研究、講義は、より党の歴史に近づけたような気がします。『過去のことはわからない』で済ませないよう勉強していきます。」などなど、今後の学習への意欲につながっているのもうれしいことだ。

 とにもかくにも、終わってほっと一息。より良い講義ができるように、研鑽を積まなければならない。

「オスプレイの配備撤回」革新懇が学習集会


 花見川区革新懇と千葉市革新懇の共催で「日本の空のどこにもオスプレイいらない」をテーマに「オスプレイ配備撤回・訓練の中止を求める学習集会」が開かれた。
DSC04402 (2).JPG   開会を告げる司会の渡辺喜代子さん
 開発以来、「未亡人製造機」などと呼ばれるほど、墜落等の重大事故を繰り返してきたオスプレイ。木更津基地への暫定配備が始まり、今月から飛行訓練が始まるという。今でさえ、自衛隊習志野基地へ出入りするヘリやパラシュート降下訓練に伴う騒音、事故の危険に脅かされている私たち住民にとって、さらに加えてオスプレイが上空を飛び交うようになる事態は、とうてい黙過することができない。
DSC04404 (2).JPG   主催者挨拶をする千葉市革新懇の渡会久美弁護士
 講師は、日本共産党の基地対策委員会責任者、小泉親司さん。最初に、安保破棄中央実行委員会が作成したDVDを視聴。オスプレイについての基礎知識を共有したところで講演に入った。

 小泉さんはまず、オスプレイが世界でも稀代の欠陥機であり、したがって日本以外にはインドネシアがこの7月に導入を決めただけだと指摘。「病院、市街地、住宅地などを回避しながら」飛行する(防衛省)などという約束が全くあてにならないことを沖縄の実態を示して強調した。オスプレイは、佐世保に駐屯している日本版海兵隊「陸上自衛隊水陸機動団」を乗せるための輸送機であり、政府が宣伝する災害救助には役に立たない。米軍と一体に海外で戦争するための準備であり、国民・県民の平和の願いに逆行すると厳しく指摘した。

 オスプレイがどんな訓練をするのかについて、小泉さんは、艦船から長距離を迅速に飛行し、他国の領土に侵入することが最大の目的であり、したがって極めて危険な「低空」「夜間」の飛行訓練と「空中給油訓練」(沖縄ではこの訓練中に墜落事故を起こした)だと指摘。11月から、「船橋、習志野上空を含む関東一円の空域」での飛行訓練を開始するとしているが、千葉市や船橋、習志野という人口密集地の上空を、「病院、市街地、住宅地を回避しながら」飛べるはずはないと揶揄し、批判した。
DSC04416 (2).JPG   講演する小泉親司さん
 事実沖縄では、無灯火での夜間訓練(宜野座村)、榴弾砲に見立てた同じ重量(3トン)のコンクリートブロックの吊り下げ訓練(伊江島)、空中給油訓練(名護市)が、また首都東京でも、横田基地ではパラシュート降下訓練が行われている。

 木更津基地では、すでにオスプレイの整備拠点としての機能が動き出している。暫定配備される陸自の17機に加え、米軍横田基地の10機、沖縄の米海兵隊の24機が、整備のために飛来し、試験飛行を繰り返すことになる。

 木更津基地から習志野、群馬県の相馬が原、新潟の関山等の各演習場を結んでの飛行訓練。木更津から習志野へは、東京湾を飛んで、河川伝いに、つまり花見川から侵入して習志野に向かうことになる。まさしくわが家の上空だ。

 住民の声と運動に押される形で、船橋、習志野、八千代の3市長は、今年6月30日、防衛相に対して、地元住民に対する説明を求める要請書を提出した。要請書では、防衛省は「オスプレイの訓練内容、訓練場への飛行ルートは、CH-47などの木更津駐屯地に現在配備している航空機と同様になる」としているが、3市においては「市民の安全・安心のために必要な情報を入手し、市民の不安を払拭する責務があります。」と主張。3市の上空を通過する場合は、事前に3市、および「各市議会及び地元住民に対し、オスプレイの飛来や運用のあり方、機体の安全性、生活環境への影響等について十分に説明するよう、強く要望します」と結んでいる。小泉さんは、イージスアショアは、住民のたたかいで配備撤回が実現した。軍拡政治、9条改憲を許さない運動とも連携して、世論と運動を広げに広げようと訴えて話を結んだ。
DSC04417.JPG   講演後、会場からの質問に答えた
 残念ながら、要請書には千葉市の熊谷市長の名はなかった。学習集会の最後に、行動提起に立った花見川区革新懇の世話人でもある寺尾さとし前県議は、「学ぶ機会を草の根で広げること」「学んだことを力に対話・宣伝を」「署名を大いに進めよう」と訴えた。千葉市も国に対して、要請をすべきだ。その運動も進めなければならない。ようやく千葉市での、花見川区での、たたかいが始まる。
DSC04425 (2).JPG   行動提起する寺尾さとしさん

国賠同盟の活動や千葉2区市民連合からのお知らせ


 今日は、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部で、機関誌「不屈」の発送作業。いつもの「不屈」の中央版、県版に加え、今日は来年度の国会に提出する黄色い国会請願署名用紙と返信用封筒、10月18日の御宿霊園「房総のいしずえ」での合葬追悼会のお知らせなどを折り込んで、かなりの重量になった。

 午後からは、県本部の三役会議。今月28日に開催する県本部総会の準備を中心に協議した。小松敦事務局次長の奮闘で、立派な議案書案や決算、予算案の原案が用意され、ほぼ準備完了。会員名簿の整理と着実な会員の拡大、会計の整理と財政確立の見通しが立ったことなど、県本部の活動と組織、体制がだいぶ整ってきたことは、うれしい限りだ。

 さて、先日は千葉2区市民連合のJR津田沼駅での宣伝・署名行動について報告したが、その後の宣伝行動の予定が送られてきた。

 一つは、9月27日(日)11:00~12:00。イトーヨーカドー幕張店前(花見川区)。もう一つが、10月4日(日)午後2:00~3:00、東葉高速線八千代緑が丘駅デッキ。前回同様、野党各党にもスピーチの依頼をしている。
DSC04399 (2).JPG
 まだまだ厳しい暑さが予想されるが、ぜひ多くの皆さんにご参集いただき、「安倍政治の継続は許さない!」「市民と野党の共闘の勝利で政権交代を!」の声をともにあげていきたいと思う。

いよいよ15日から「平和のための戦争展ちば」


 いよいよ来週15日(火)から20日(日)までの日程で、「第26回平和のための戦争展ちば」が、船橋市民ギャラリーで開かれる。毎日10時から17時まで。入場は無料。多くの団体とともに、私たち治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉県本部も、その実行委員会の末席を汚している。
DSC04398 (2).JPG
 昨年も、治安維持法とその弾圧の実態、千葉県ゆかりの渡辺政之輔や飯島喜美の生涯を紹介する展示を行った。私も今年の展示に、写真2枚を提供した。
DSC02708 (2).JPG
 昨年の展示にも、出征兵士を送る旗や日章旗、鉄兜や小銃の弾丸、代用の陶製の地雷や手りゅう弾などの「戦争遺品」をはじめ、「被爆体験証言者と高校生との共同制作による原爆の絵」。731部隊や平頂山事件、旧日本軍が遺棄した毒ガスによる現代の被害など、「中国東北部における日本の加害の例」。村瀬守保さんの写真パネル「一兵士が写した侵略戦争」などなど、胸を打つ展示が多数あった。
DSC02724 (2).JPG
 19日、20日には、紙芝居やDVDの上映がある。20日の13:30からは、幕張メッセでの武器見本市開催に抗議の声をあげる「ママの会@ちば」の金光理恵さんを囲んでの座談会もある。

 コロナ対策に留意しながら、ぜひ多くの方々にご来場いただきたい。

雨のなか、千葉2区市民連合が宣伝・署名行動

 今日は、市民と野党の共闘で「今こそ、政権交代!」と銘打っての千葉2区市民連合の宣伝・署名行動。前回に引き続き、雨に祟られた。

 しかし、中止の連絡はなく、JR津田沼駅の南口デッキへ。叩きつけるような雨のなか、すでに多くの仲間たちが参集していた。
DSC04377.JPG
 屋根のある連絡通路に避難して、各党からの連帯の挨拶。
DSC04386 (2).JPG
 日本共産党からは、寺尾さとし千葉2区予定候補・前県議が訴えた。寺尾さとしさんは、安倍首相の辞任は、病気が理由だが、政治の行き詰まりと国民の声に追い詰められてのものと指摘。しかし、改憲の野望を捨てていないし、様々な疑惑に答えようともしていない。総裁選が報じられているが、三人とも安倍政治の後継者。市民と野党の共闘による政権交代で、新しい政治をつくろうと呼びかけた。
DSC04382 (2).JPG
 他に、政党からは、立憲民主党千葉県第二区総支部長の黒田雄さん、新社会党中央本部副書記長の宮川敏一さん、れいわ新選組千葉9区総支部長の三井よしふみさん、市民ネットワーク千葉県政策調査室長の吉沢弘志さんらが訴え、また地元の新日本婦人の会、生活と健康を守る会の各代表らからの訴えもあった。
DSC04392 (2).JPG   あいさつをした各党代表。右から、日本共産党の寺尾さとしさん、立憲民主党の黒田ゆうさん、市民ネットワークの吉沢弘志さん、れいわ新選組の三井よしふみさん、新社会党の宮川敏一さん。

 皮肉なことに、千葉2区市民連合の共同代表大崎信さんが、閉会の挨拶を述べるころには、雨足もだいぶ衰えてきた。天気のせいもあって、参加は3自治体から30人ほどだったが、「市民と野党の共闘による政権交代」実現のため、さらに「千葉2区市民連合」の運動を強く大きく広げていきたい。

今年初めてのロッテ戦


 今年初めて、マリンスタジアムに足を運んだ。いつものことだが、M君のお誘いを受け、チケットや駐車場の手配など、すべてをM君にお任せして出かけた。
DSC04361 (2).JPG
 試合は、ロッテ打線が湿りっぱなしでまったく打てず、完敗というより情けない負け方だった。
DSC04367 (2).JPG
 唯一、球場が盛り上がったのは、2点リードされた7回裏。ワンアウト満塁で、押し出しで1点を取った時だけだった。しかし、そのチャンスも、続くバッターの凡退でそこまで。ライオンズには、相性が悪く昨日も惨敗。これで4勝9敗だ。
DSC04368 (2).JPG
 コロナ対策で、入場は5千人まで。マスクの着用はじめ、さまざまな対策が取られていた。バックネット裏の高いところからの観戦。吹く風が涼しくさわやかで、それだけが救いだった。M君、お世話になりました。