テーマ:千葉の県政

2月定例議会が閉会、討論に登壇

14.03.19  2月定例県議会が今日、閉会しました。  新年度の一般会計予算案を含めて、95議案のすべてに、自民・民主・公明・みんなの党・県民の声・生活の各党・各会派は賛成しました。議会のチェック機能はどこへやら、文字通り、オール与党の状態です。  私は、日本共産党を代表して、反対討論に登壇し、新年度の「一般会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明るい会」が知事要請

14.03.17  「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」が今日、議会ごとの恒例となった知事への要請行動を行いました。日本共産党県議団が同席しました。  知事応接室で、梅木弘之総務部次長らが対応しました。  今日の要請項目は、①消費税増税、TPP参加、憲法違反の集団的自衛権行使について反対すること。②農林業などの雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幼稚園の耐震化急げ」総務防災常任委員会

14.03.15  遅くなりましたが、県議会の総務・防災常任委員会、総務部関係の審議の報告です。  まず議案第一号「一般会計予算案」。その歳入について、新年度も「臨時財政対策債」(国が、地方自治体に対する財政責任として自治体に交付する「地方交付税」の必要額を確保せず、代わりに不足分を自治体に借金させるもの)が、1740億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「総務・防災常任委員会」防災危機管理部の報告

14.03.12  県議会は今日、総務防災常任委員会。午前10時に、防災危機管理部関係の審査から始まりました。  まず、議案第一号「一般会計予算」では、「被災者住宅再建支援金事業」について質しました。大震災による液状化で被害を受けた住宅の地盤改良や建て替え、修繕等について支援する制度で、日本共産党はこの間、制度の発足を評…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県議会予算委員会3日目、「教員が足りない!」と訴え

14.03.10  県議会は今日、予算委員会の最終日。日本共産党の岡田幸子県議は、教員の多忙化解消のために、正規教員の増員が決定的に重要だと訴えました。  岡田県議はまず、県単教員(教員定数は、国が決めて予算=給料の三分の一を措置しますが、それだけでは教員が足りません。そこで各都道府県では、それに加えて都道府県独自の予算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大型道路3本に新年度当初予算だけでも157億円

14.03.09  森田知事を先頭に、千葉県が整備を急ぐ3本の大型道路に、新年度も157億円という多額の県費が投入されます。今後、補正予算で増額されるでしょうから、負担はさらに膨らむと思われます。  その一つが、「首都圏中央連絡自動車道」(「圏央道」)。国の事業ですが、地元も利益を受けるからという理由で負担を求められます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業料無償化も給付制奨学金もないのは日本だけ(大学)

14.02.18  OECD加盟34カ国のなかで、大学の授業料無償化も給付制奨学金もないのは、日本だけだと、昨日の衆議院予算委員会で日本共産党の宮本岳志議員が告発しました。  宮本議員が示したパネル(写真)によると、大学の授業料が無償化されているのは、フランス、ドイツ、デンマークなど、34カ国中、半分の17カ国。給付制の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度予算1兆6143億円、2月県議会の議案説明

14.02.06  今日、2月定例県議会(19日開会)に提出予定の議案の説明がありました。  議案は、予算案が新年度当初分25件、今年度の2月補正分が同じく25件の、合わせて50件。条例案が、制定、一部改正、廃止等で30件。契約の締結・変更など、その他13件の合計93件です。  最大の案件はやはり、新年度一般会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

躍進する千葉県の自然エネルギーの取り組み

14.01.31  環境エネルギー政策研究所(ISEP)が出版している「自然エネルギー白書2013」を改めて読みました。  一応、ISEPの賛助会員になっているので、毎年、送られてきます。ざっと目を通して、そのままにしておきましたが、世界や日本の自然エネルギー普及の現状、課題などがわかり、参考になりました。  私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「千葉県生涯大学校」のクラブ活動の皆さんと対県交渉

14.01.29  千葉県では、高齢者が身近に学習の機会を得られるよう、また、そこで得た知識や技能を地域活動に活かせるよう「千葉県生涯大学校」を県内5つの地域に開設しています。  「生涯大学校」では、課外活動として「詩吟」「書道」「俳句」「短歌」「囲碁」「皮革工芸」等々のクラブ活動も行われ、それが仲間づくりに大きな役割を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入所者死亡、県立袖ヶ浦福祉センターで虐待

13.12.15  12日、千葉県の県立施設袖ヶ浦福祉センター養育園(指定管理者・社会福祉法人千葉県社会福祉事業団)の入所者(19歳の男性)が、11月26日に死亡していたことが発覚。大きなニュースになりました。なんともやりきれない話です。  県の立ち入り検査によって、同施設の5人の職員が、死亡した男性に対し、日常的に暴行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県下の「急傾斜地崩壊危険個所」9071か所

13.11.07  先の台風26号で、県下34か所で「がけくずれ」の被害が発生しました。成田市では、残念ながら死者が出てしまいました。しかし、どうもその34か所という数字があまりにも過少で、実態を反映していないのではないか、ということで今日、担当の県土整備部河川整備課及び河川環境課から聞き取りを行いました。  担当課の説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贈収賄で逮捕の残土業者、それでも事業は許可! 驚くべき千葉県行政

13.10.28  「農地転用めぐり贈収賄」「袖ヶ浦、賛成見返り200万円 3容疑者起訴」「残土業者、元農業委員に」「緩い規制 多額の利益狙う」9月25日付の朝日新聞が、大見出しで報道しました。他紙も、同様の報道をしています。  朝日新聞によると「農地を残土で埋める転用許可に賛成する見返りに現金200万円を受け取ったとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本共産党丸山慎一県議が代表質問

13.10.04  開会中の千葉県議会は、代表質問の3日目。午前10時から、日本共産党を代表して丸山慎一県議が登壇しました。  まず、「知事の政治姿勢」として、参議院選挙の結果や安倍政権による消費税増税や社会保障の切り捨て、集団的自衛権行使の解釈改憲、原発問題等々の暴走政治について、知事の見解を求めました。  知事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重度心身障害者(児)医療費助成、現物給付実施へ

13.10.02  開会中の9月定例県議会。今日の本会議で森田知事は、現在、償還払いになっている重度心身障害者(児)医療費助成制度について、2015年度から現物給付に移行すると表明しました。  償還払いとは、病院の窓口でいったん医療費を支払ってから、市町村に申請して助成を受ける制度。手続きが面倒で、利用者に負担が大きく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私立高校就学支援金制度への所得制限導入に反対を!

13.10.01  今日、控え室に千葉県私立学校教職員組合連合(私教連)の方々がお見えになり、自民・公明両党が合意した「公立高校の授業料無償制度、私立高校の就学支援金制度への所得制限の導入」をさせないようにと、要請をいただきました。  自民・公明両党は、来年度から高校の授業料無償化に所得制限を設け、世帯収入を910万円未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知事の所信表明、「千葉県経営者協会」の提言そのまま

13.09.26  いよいよ9月定例県議会が始まりました。  知事からの提出議案説明や当面する諸課題についての報告では、のっけから「日本国民にとって大変喜ばしいことがありました」と、2020年のオリンピック東京開催に触れ、「このタイミングを逃すことなく千葉県のさらなる発展に向けた取り組みを進めたい」と、経済効果への期待を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月定例県議会の議案説明がありました

13.09.14  昨日、約130億円を増額する「一般会計補正予算案」を中心とする9月定例県議会提出の議案等に関する会派への説明会がありました。    写真    当局からの説明を受ける左から加藤英雄県議、小松実、丸山慎一県議。  「補正予算案」は、避難所や防災拠点となる公共施設への太陽光発電などの整備にあてる「再生可能エ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自主防災組織のカバー率、県の新総合計画案に

13.09.11  過日、千葉県は、今後10年間を見据えた「新総合計画案」を公表しました。当面、この4年間に実施する「実施計画編」も合わせて公表されています。10年計画という長期の計画になると、議会の承認事項になり、間もなく始まる9月定例県議会に議案として提出されます。  発表時の新聞記事を見ると、朝日は「防災対策を強化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約1067億円の補正予算案、千葉県発表

13.05.24  6月5日から6月定例県議会が始まりますが、それに先立って昨日、約1067億円の補正予算案をはじめとする議案の説明がありました。知事選があった関係で、当初予算は「骨格予算」ということから、今回は大きな補正になっています。当初予算と合わせた今年度予算額は、約1兆5835億円になりました。  当局の予算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県職員給与減額支給条例案の撤回求め、副知事交渉

13.05.24  昨日付け「ひとりごと」に書いたように、日本共産党県議団は今日、県職員給与減額支給条例の撤回を求めて、知事宛に申し入れを行いました。(「申し入れ」全文は、ホームページ「政策・論戦集」掲載)高橋渡副知事、飯田浩子総務課長が対応しました。  まず私から、「申し入れ」の趣旨について、200億円もの給与カッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何重にも乱暴な県職員給与削減提案の撤回を求める

13.05.22  平均7.8%、総額200億円にのぼる千葉県職員(教員・警察官含む約5.8万人)の給与削減について、県当局は昨日、千葉県職員労働組合との協議を一方的に打ち切りました。国言いなりの削減案を6月県議会に条例提案する構えです。  今回の給与削減は、国家公務員の給与削減を強行した国が、地方自治体にも同様の措…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県職員給与7.8%削減に断固反対する

13.04.26  県庁総務部総務課から、本日付で、県職員の「給与減額支給措置の実施について」との文書が送られてきました。国家公務員の給与減額に歩調を合わせ、平均で7.8%もの減額を実施するとしています。  内訳は、本庁課長級以上が、9.77%、副課長から主任主事相当が、7.77%、主事相当が、4.77%。他に、管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県人口、減少に歯止めかからず

13.04.25  「減少幅、全国で最も拡大」。23日付の「千葉日報」の見出しです。総務省が発表した2012年10月時点の千葉県人口が、約619万5千人(県の毎月人口統計では、619万5576人)で、前年同期比で0.32%(1万9千人)減。減少幅は、全国最大だったということです。  同記事によれば、転出が転入を上回る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TPP参加で千葉県の農林水産業1069億円の影響

13.03.28  日本がTPPに参加した場合の千葉県農林水産業への影響額の試算が明らかになりました。日本共産党県議団の要求に応えたものです。  試算は、農林水産省の試算方法に従ったもので、したがって、対象品目や対象国を絞るなど、前回平成22年(2010年)の試算に比べて、かなり影響を小さく見積もるものとなっています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発容認の森田知事と東電の深い仲

13.02.26  私たち日本共産党県議団の再三の質問に、森田知事は「原発をすぐになくすことは事実上困難」(11年9月)「ただちに原発をなくすことは現実的ではない」(12年9月)などと、原発容認の姿勢を示してきましたが、その背景に東電との抜き差しならぬ癒着の関係があることが、しんぶん赤旗の取材で明らかになりました。(24日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務・防災常任委員会報告(その2)総務部関係

13.02.16  14日に開かれた「総務・防災常任委員会」の総務部関係の報告です。  議案第1号の「一般会計補正予算案」では、学事課の「私学の耐震化緊急促進事業」について、質しました。新年度の予算は、9.54億円。「これで、幼稚園、高校の耐震化率はどの程度になるのか」との質問に、学事課長は「25年度末で、幼稚園が7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総務・防災常任委員会、防災危機管理部の審議

13.02.14  県議会は今日から、各常任委員会。今日は、私が所属する「総務・防災常任委員会」(総務部と防災危機管理部を所掌)が開かれました。  防災危機管理部では、まず、議案第一号、新年度「一般会計予算案」について質しました。その一つは、「被災者住宅再建支援金事業」について。この事業は、2011年、大震災のあとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予算委3日目、農家経営支援をと加藤県議

13.02.13  千葉県議会予算委員会の最終日。日本共産党の加藤英雄県議は、稲作農家の現状と支援の必要性を訴えました。  加藤県議は、朝日新聞などが「豊作なのに高値で集荷」などと、「コメバッシング」ともいえる報道をしていることに触れ、稲作農家の経営の実態を質しました。ハンバーガーが一個300円、カップラーメンが16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤県議、TX沿線開発の見直し迫る

13.02.12  今日は、予算委員会の二日目。日本共産党からは、引き続き加藤英雄県議が登壇しました。  一日目の8日には、放射性廃棄物の一時保管場所の問題や除染の取り組みについて質問した加藤県議。今日は、地元のつくばエクスプレス沿線開発について、質しました。  冒頭、当局は、加藤県議の質問に、これまでに同事業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more